[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

setx【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsで使えるコマンドだよ

point環境変数を永続的に設定するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

setx【コマンド】とは

環境変数をずっと(永続的に)設定するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windows系で使えます。

書き方は

setx [オプション] [環境変数名] [値] [/M]

もしくは

setx [オプション] [環境変数名] [/K] [レジストリパス] [/M]

もしくは

setx [オプション] [環境変数名] [/F] [ファイル名] [/M]

です。
要は設定する環境変数の値を画面から設定するかレジストリから設定するかファイルから設定するか選べるってことですね。

オプションはあれやこれやとあります。

オプション説明
/S接続先のコンピュータ名を指定する
/P「/S」と併用して、接続先にログインする際のパスワードを指定する
/U「/S」と併用して、接続先にログインする際のユーザ名を指定する
/Mシステム環境変数として設定する(未指定時はユーザ環境変数)
/Kレジストリから設定するときに指定する
/Fファイルから設定するときに指定する
/A 【x】 【y】「/F」と併用して、ファイルの絶対座標【x】【y】をパラメータとして指定してファイル内を検索するらしい。よく分からん
/R 【x】,【y】【文字列】「/F」と併用して、【文字列】を検索パラメータとしてファイルの相対座標【x】【y】を指定するらしい。よく分からん
/X「/F」と併用して、xy座標でファイルの内容を表示するらしい。よく分からん
/D 【区切り文字】「/F」と併用して、区切り文字を指定するらしい

ですね。

「setx」コマンドコマンドライン上からずっと有効な環境変数を設定する際に使います。
一言で言ってしまえば「set」コマンドのパワーアップ版です。
ちなみに「環境変数」は「プログラムさん向け伝言板」ね。

「setx」コマンドで設定した環境変数はコマンドプロンプトを終了しても有効です。
と言いますか、設定した環境変数が有効になるのが次回コマンドプロンプトを起動してからです。
「setx」コマンドを実行したコマンドプロンプト上では設定した環境変数は有効になっていないのでご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「setx」ってコマンドが出てきたら「環境変数を永続的に設定するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク