[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

chown【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointファイルやディレクトリの所有者を変更できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

chown【コマンド】とは

ファイルやディレクトリの所有者情報を変更するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

chown [オプション] [ユーザID] [対象のファイルディレクトリ]

もしくは

chown [オプション] [ユーザID][:グループ名] [対象のファイルやディレクトリ]

もしくは

chown [オプション] [:グループ名] [対象のファイルやディレクトリ]

です。
オプションはちらほらとあります。

オプション説明
-c実際に変更された場合は詳細を表示する。変更されない場合(user01からuser01へ変更した場合など)は沈黙
-fエラーメッセージをあまり表示しない
-hシンボリックリンク自身の所有者名(リンク先では無い)を変更する
-v処理結果をじっくりはっきり詳細に出力する
-H「-R」と併用して、対象として指定したファイルがシンボリックリンクの場合、そのリンク先も参照する
-L「-R」と併用して、シンボリックリンクのリンク先も参照する
-P「-R」と併用して、シンボリックリンクのリンク先は参照しない
-Rサブディレクトリ内も再帰的に設定する。

ですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「chown」コマンドコマンドライン上からファイルやディレクトリの所有者や所属グループ名を設定する際に使います。

「chown」コマンドで指定できるユーザIDは「/etc/passwd」内に記載されているユーザIDです。
また指定できるグループ名は「/etc/group」内に記載されているグループ名になります。
適当なユーザID、グループ名を指定すると怒られるのでご注意ください。

「chown」コマンドの基本的な使い方ですが

chown user01 a.txt

のように指定すると「a.txt」の所有者が「user01」になります。

chown user01:group02 b.txt

のように指定した場合は「b.txt」の所有者が「user01」で所属グループ名が「group02」になります。

chown :group03 c.txt

のように指定することで「c.txt」の所属グループ名を「group03」にできます。
ただグループ名を変更する場合は「chgrp」コマンドを使用して

chgrp group03 c.txt

のように書いた方が見栄えが良い(分かりやすい)と思います。

また自分が一般ユーザの場合、所有者、グループを変更できるのは自分が所有者のファイルやディレクトリのみです。
他の人のファイルを勝手に変更することはできません。

対象やユーザID/グループ名を指定しないで

chown [オプション] [ユーザID/グループ名 or 対象のファイル]

と打った場合、怒られます。

あと余談ですが「chown」は「change owner(チェンジ・オーナー)」の略ですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「chown」ってコマンドが出てきたら「所有者を変更するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク