[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

cacls【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsで使えるコマンドだよ

pointファイルやフォルダのアクセス権を操作できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

cacls【コマンド】とは

ファイルやフォルダのアクセス権を変更するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windows系で使えます。

書き方は

cacls [対象のファイル名] [オプション]

です。
オプションの方が対象のファイルより後ろで指定する点にご注意ください。

オプションは結構あるみたいです。


オプション説明
/Cアクセス拒否のエラーを無視する
/D 【ユーザ名】【ユーザ名】のアクセスを拒否する。「/P 【ユーザ名】:N」と同じ
/E元々のアクセス権はそのままで編集する。これを付けないと元々のアクセス権は一旦削除される
/G 【ユーザ名】:【アクセス権】【ユーザ名】に【アクセス権】を追加
 →「/G 【ユーザ名】:C」:【ユーザ名】に変更権限(書き込み権限)を追加
 →「/G 【ユーザ名】:F」:【ユーザ名】に読み書きしていーよ権限(フル コントロール)を追加
 →「/G 【ユーザ名】:R」:【ユーザ名】に読み取り権限を追加
 →「/G 【ユーザ名】:W」:【ユーザ名】に書き込み権限を追加
/L「ターゲットではなくシンボリックリンク自体で動作します」らしい。よく分からないけど、多分シンボリックリンクの場合はリンク先を見に行くのではなく、シンボリックリンク自体を対象とするんじゃないかなぁ
/M「ディレクトリにマウントされたボリュームの ACL を変更します」らしい。よく分からん
/P 【ユーザ名】:【アクセス権】【ユーザ名】の元々のアクセス権をすべて削除した後で【アクセス権】を追加
 →「/P 【ユーザ名】:C」:【ユーザ名】に変更権限(書き込み権限)を追加
 →「/P 【ユーザ名】:F」:【ユーザ名】に読み書きしていーよ権限(フル コントロール)を追加
 →「/P 【ユーザ名】:N」:【ユーザ名】に権限を追加しない
 →「/P 【ユーザ名】:R」:【ユーザ名】に読み取り権限を追加
 →「/P 【ユーザ名】:W」:【ユーザ名】に書き込み権限を追加
/R 【ユーザ名】【ユーザ名】のアクセス権を消す。「/E」オプションと一緒に使う
/S「ACL を SDDL 文字列で指定されたもので置き換えます」らしい。指定したら変な文字でてきたよ
/S【文字列】「ACL を 【文字列】 文字列で指定されたもので置き換えます」らしい。よく分からん
/Tサブフォルダ内のファイルも対象とする

ですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「cacls」コマンドコマンドライン上からファイルやディレクトリのアクセス権を設定する際に使います。
UNIX系(LinuxとかMacとか)の「chmod」と用途は一緒です。

Windows Vista以降?では「cacls」コマンドは非推奨のようです。
「アクセス権を設定するときは『icacls』コマンドを使ってね」とヘルプに書いてありました。

Windows系のアクセス権をコマンドラインから設定すること自体、結構稀な気がしますけどね(-。-)ぼそっ
何気に使いどころの少ないコマンドだと思います。

何も指定しないで

cacls

と打った場合、ヘルプが表示されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「cacls」ってコマンドが出てきたら「アクセス権を変更するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク