[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

where【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsとUNIX系で使えるコマンドだよ

point指定されたコマンドのパスをすべて表示するよ(UNIX系)

point指定されたファイルの場所を表示するよ(Windows系)

スポンサーリンク

簡単に書くよ

where【コマンド】とは

指定されたコマンドのパスをすべて表示するコマンド(UNIX系のOS)。
もしくは

ファイルを探すときに使うコマンド(Windows系のOS)
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)及びWindows系で使えます。
UNIX系とWindows系でコマンドの内容が全然違いますけどね。

まずはUNIX系OSにおける「where」コマンドについて説明します。

UNIX系OSの「where」コマンドはコマンドライン上で指定されたコマンドがどこにあるかを探す際に使います。
例えば「hoge」という名前のコマンドが複数あった場合、すべてのhogeの居場所を探してくれますよ。

書き方は

where [対象のコマンド(複数指定可)]

です。
オプションはありません。

「where」コマンドの使い方は単純です。
ただ探したいコマンドを指定すれば良いだけです。

例えば

where mkdir

を実行すると、私の環境では

/bin/mkdir

が表示されます。

コマンドを複数指定して

where mkdir rmdir

のような形で実行すると、例えば

/bin/mkdir
/bin/rmdir


のように表示されます。

指定したコマンドがエイリアスの場合は、元のコマンドが表示されますよ。
例えば

where ls

を実行すると、私の環境では

ls: aliased to ls --color=tty
/bin/ls


と表示されます。

対象のコマンドを指定しないで

where

と打った場合、怒られます。

ちなみに、ほぼ同じ動作をするコマンドに「which」があります。
「where」コマンドと「which」コマンドの違いは、大雑把に書くと

where:全部探す
wchich:今動いているものを探す


といったところでしょうか。
「where」の方は、その名前のコマンドを全部探してくれます。
一方「which」の方は、そのコマンドを打つと実際に動く実体を探してくれます。

例えば「ls」コマンドを探した際に

■where ls
ls: aliased to ls --color=tty
/bin/ls

※「ls --color=tty」と「/bin/ls」があるよ

■which ls
ls: aliased to ls --color=tty
※「ls --color=tty」が動くよ

のような違いが出てくるのです。これが「where」と「which」の違いです。

少し話がそれましたが、このように指定されたコマンドのパスを表示してくれるコマンドが、UNIX系OSにおける「where」コマンドです。

次はWindows系OSにおける「where」コマンドについて説明します。

Windows系OSの「where」コマンドはコマンドライン上からファイルを探す際に使います。
UNIX系(LinuxとかMacとか)の「find」と用途は一緒です。

書き方は

where [オプション] [検索するパターン]

です。
オプションは少しだけあります。

オプション説明
/Rサブフォルダの中も探す
/Qファイルの一覧を表示しないで、終了コードのみを返す
/Fファイル名ダブルクォーテーションで囲む
/Tファイズサイズ、最終更新日時を表示する

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定することもできます。

ファイル名は正規表現のパターンで指定できるので

where *hoge*

のような指定も可能です。
この場合ファイル名に「hoge」を含むファイルが検索されます。
注意点としては「パス」ではなく「ファイル名」です。
例えば「C:\hoge\a.txt」のように、フォルダ名に指定した文字列(今回は「hoge」)が含まれるものは検索されませんので、ご注意ください。

このようにファイルを探すコマンドがWindows系OSにおける「where」コマンドです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「where」ってコマンドが出てきたら「コマンドの実体がどこにあるかを探す(UNIX系)、もしくはファイルがどこにあるかを探す(Windows系)ときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク