[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

tac【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointファイルの中身を下から上に表示するよ

point多分「cat」コマンドの逆だから「tac」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

tac【コマンド】とは

ファイルの中身を下から上に表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

tac [オプション] [対象のファイル(複数指定可)]

です。
オプションは少しだけあります

オプション説明
-b区切り文字を後ろの単語に含める。例えば「a【区切り文字】b」とあった場合オプション未指定時は「a【区切り文字】」と「b」に分かれるが「-b」指定時は「a」と「【区切り文字】b」に分かれる
-r区切り文字を正規表現でしている……らしい
-s逆順にするための区切り文字を指定する

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「tac」コマンドコマンドライン上からファイルを上下逆に表示する際に使います。

「tac」コマンドの使い方ですが、例えば中身が

1,A,B,C
2,D,E,F
3,G,H,I


の「hoge.txt」があった場合

tac hoge.txt

を実行すると

3,G,H,I
2,D,E,F
1,A,B,C


が表示されます。
上下逆になりました。

「-s」オプションを指定して

tac -s, hoge.txt

を実行すると


H,G,F
3,E,D,C
2,B,A,1,


と表示されます。

これはカンマを区切り文字に指定したため

「1,」「A,」「B,」「C(改行)2,」「D,」「E,」「F(改行)3,」「G,」「H,」「I(改行)」

と分割されて並び替えが起こったためです。

「I
」「H,」「G,」「F
3,」「E,」「D,」「C
2,」「B,」「A,」「1,」


になった状態ですね。

さらにこの状態で「-b」オプションを指定して

tac -s, -b hoge.txt

を実行すると

,I
,H,G,F
3,E,D,C
2,B,A1


と表示されます。

これは

「1」「,A」「,B」「,C(改行)2」「,D」「,E」「,F(改行)3」「,G」「,H」「,I(改行)」

と分割されて並び替えが起こったためです。

「,I
」「,H」「,G」「,F
3」「,E」「,D」「,C
2」「,B」「,A」「1」


になった状態ですね。

対象のファイルを指定しないで

tac [オプション]

と打った場合、画面からの入力を待ちます……が、どんな使いどころがあるのかはよく分かりません。

ちなみに「cat」の逆で「tac」のイメージです。
「cat」コマンド同様ファイルを結合することもできますよ。

例えば

■hoge1.txt
1,A,B,C
2,D,E,F
3,G,H,I


■hoge2.txt
4,J,K,L
5,M,N,O


があって

tac hoge1.txt hoge2.txt

を実行すると、結果は

3,G,H,I
2,D,E,F
1,A,B,C
5,M,N,O
4,J,K,L


になります。
上下が逆になって合体しました。

そんなところでしょうかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「tac」ってコマンドが出てきたら「ファイルの中身を下から上に表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク