[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ln【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointファイルやディレクトリのリンクを作るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ln【コマンド】とは

ファイルやディレクトリのリンクを作るときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

ln [オプション] [対象のファイルディレクトリ] [作成するハードリンク/シンボリックリンクの名前]

です。
オプションはちょこちょこあります。

オプション説明
-b上書きされるときは無くなる方のバックアップを作成してから上書きする
-dディレクトリのハードリンクを作成する(スーパーユーザのみ)
-f「上書きして良い?」って訊いてこない
-i「上書きして良い?」って訊いてくれる
-nちょいとややこしいので、使わない方が無難
-s作成するリンクがシンボリックリンクになる(未指定時はハードリンク)
-t指定ディレクトリ内にリンクを作成する
-v「このファイルのリンクをこんな名前でリンク作ったよー」と報告してくる
-F:ディレクトリのハードリンクを作成する(スーパーユーザのみ)
-S「-b」オプション指定時に作成されるバックアップのサフィックスを指定する

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「ln」コマンドコマンドライン上からファイルやディレクトリのリンクを作成する際に使います。

一見するとオプションがいっぱいありますが、実際には

ln -s hoge.txt ln_hoge.txt

のようにシンボリックリンクを作るオプションだけ覚えておけばほぼ事足りますよ。

対象を指定しないで

ln [オプション]

もしくは

ln [オプション] [対象 or リンク名片方]

と打った場合、怒られます。

あと余談ですが「ln」は「link(リンク)」の略です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ln」ってコマンドが出てきたら「リンクを作るときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク