[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

パケットキャプチャ (packet capture)

pointこの用語のポイント

pointネットワークを流れるデータを採取するよ

point採取するソフトを指す場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

パケットキャプチャ (packet capture)とは

ネットワーク上を流れているデータ(の断片)を採取すること。
もしくは

ネットワーク上を流れているデータ(の断片)を採取するためのソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

キャプチャ」は「補足して保存すること」です。
パケット」は「データ通信する上で細かく分割されたデータ」の意味になります。

ネットワーク上をうねうね流れるデータは1つのまとまりになっているわけではありません。
「パケット」と呼ばれる細切れになって相手に届きます。
この細切れになったデータ「パケット」を補足して解析することを「パケットキャプチャ」と言います。

パケットキャプチャ

イメージとしてはお店の裏口にでーんと立って商品の配送トラックが通るのを眺めるような感じですかね。
本来知ることの無い舞台裏を覗き見たいときに使います。

いわゆるコンピュータ関連の「使う人」には縁が少ない言葉ですが「作る人」には結構重要だったりしますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「パケットキャプチャ」って単語が出てきたら「ネットワークを流れるデータ(の断片)を解析することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク