[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

カレントレコード (current record)

pointこの用語のポイント

pointレコード(行)だよ

point今見ているところだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

カレントレコード (current record)とは

今、見ている行のこと。
データベースに限った話で言えば

現在、参照しているデータ行のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

カレント」+「レコード」で「カレントレコード」です。

カレントレコード

カレントは「今いるところ」ね。
レコードは「行」です。

つまり「今いる行」が「カレントレコード」です。

カレントレコードという言葉は、データベース関連で、よく出てきます。

例えば、そうですね。
データベースの中に、以下のデータがあったとしましょう。

名前性別年齢
ピヨ太成人済み
ピヨ子永遠の17歳
ピヨ太ママ心は乙女


今、あなたは「ピヨ太」~「ピヨ太ママ」までを一瞬で全部見ていますよね?

ですが、コンピュータさんは、そこまで器用ではありません。
このデータをプログラムの中から見るときは、1行ずつしか見ることができないのです。

プログラムの中から「ピヨ太」~「ピヨ太ママ」までのデータを全部見たい場合は

1.「ピヨ太」のデータを見る
2.次の行に移動する
3.「ピヨ子」のデータを見る
4.次の行に移動する
5.「ピヨ太ママ」のデータを見る


と1行ずつ順番に見ていく必要があります。
このときの「今見ているデータ(行)」がカレントレコードです。

カレントレコード2

ところで最後の行のデータは「ピヨ太ママ」のデータでした。
「ピヨ太ママ」のデータを見たあとに、さらに次の行に移動しようとしたら、どうなるでしょう?

そうですね。
次の行が無いので、移動できません。

それでも無理やり移動しようとしたら、どうなるでしょう?

そのときは「カレントレコードがありません」と怒られてしまいます。
「気分的には次の行に移動したけど、次の行(移動後の現在行)が無かったよー!」と言っています。

ついでに書くと、データが1件も無いときに無理やり中身を見ようとしても「カレントレコードがありません」と怒られてしまう場合があります。
こちらは「中身を見たけど最初の行(1行目に移動後の現在行)が無かったよー!」が原因です。

プログラミングをしていて「カレントレコードがありません」と怒られた場合は

1.既に最後の行まで見たのに次の行を見ようとしている
2.条件に該当するデータが1件も無いのに最初の行を見ようとしている


のどちらかが原因の場合がほとんどです。
まずは

エラーが出る直前に、どの行を見ているか
・そもそもデータはあるのか


の2点を確認してあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「カレントレコード」って単語が出てきたら「今見ている行のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク