[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

rmdir【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsとUNIX系で使えるコマンドだよ

pointディレクトリ(フォルダ)を削除するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

rmdir【コマンド】とは

ディレクトリ(フォルダ)を削除するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)及びWindows系で使えます。

書き方は

rmdir [オプション] [削除するディレクトリフォルダ)]

です。
オプションは少しだけあります。

■UNIX系

オプション説明
-p指定した階層をすべて削除する
-vディレクトリを1つ作成する度にいちいち報告してくる

■Windows系
オプション説明
/S中身も含めて削除する
/Q削除するときに「削除して良い?」って訊いてこない

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。
UNIX系とWindows系ではオプションが違いますのでご注意ください。

「rmdir」コマンドコマンドライン上からディレクトリ(フォルダ)を削除する際に使います。
中身が空のディレクトリ以外は削除できないのでご注意ください。

またUNIX系の「-p」オプションはちょっと癖があります。

例えば「aaa/bbb」な構成のディレクトリ(中身が空)があって「aaa」も「bbb」も削除したい場合は

rmdir -p aaa

では削除してくれません。

rmdir -p aaa/bbb

と指定する必要があります。
「サブディレクトリも削除する」のイメージではなく「指定したディレクトリを全部削除する」のイメージですね。

対象を指定しないで単に

rmdir [オプション]

と打った場合、怒られます。

あと余談ですが「rmdir」は「remove directory(リムーブ・ディレクトリ)」の略ですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「rmdir」ってコマンドが出てきたら「ディレクトリ(フォルダ)削除用のコマンドなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク