[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ls【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointファイルやディレクトリの一覧を表示するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ls【コマンド】とは

ファイルやディレクトリの一覧を表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

ls [オプション] [対象のファイルディレクトリ]

です。
オプションはいっぱいあります。

オプション説明
-a全部のファイルを(隠しファイルっぽいのも)表示する
-b表示できない文字がある場合はそれっぽく変換して表示する
-cファイルの状態を変更した順(属性変更含む)に並べて表示する
-d対象にディレクトリを指定した場合、ディレクトリの中身ではなくディレクトリ自体の情報を出力する
-f並び替えをしないで表示する
-h詳細情報のファイルサイズとかの単位を見やすくする
-iinode番号も表示する
-k詳細情報のファイルサイズの単位を「キロバイト」にする
-l詳細情報を表示する
-m表示内容をカンマで区切って表示する
-n詳細情報のユーザ名、グループ名を数字で表示する
-o「-l」と似てるけどちょっと違う奴
-pディレクトリの最後に「/」をつけて表示する
-q表示できない文字がある場合は「?」に変換して表示する
-r並び替え順序を逆順(新しい順→古い順など)にする
-sファイルサイズも表示する
-t更新日時が新しい順に並べて表示する
-u更新日時の代わりにアクセス日時を表示する
-x表示内容を横に並べて表示する
-C表示内容を横にずらずら並べて表示する
-F種類によって見た目を変える(ディレクトリなら後ろに「/」がつく、等)
-R一覧内にディレクトリがある場合はその中身も再帰的に表示する
-1表示内容を縦に(1行1ファイル)で並べて表示する

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「ls」コマンドコマンドライン上でファイル(ディレクトリ)一覧を確認する際に使います。

オプションがいっぱいあって覚えるのが大変そうですが、心配はいりません。

ls -alFT



ls -R

だけ覚えておけば、ほぼ事足りますよ。

対象を指定しないで単に

ls [オプション]

と打った場合、現在いるディレクトリにあるファイルやデレィクトリの一覧が表示されます。

あと余談ですが「ls」は「list segments(リスト・セグメンツ)」の略です。
セグメントとやらのリストだそーな。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ls」ってコマンドが出てきたら「ファイルやディレクトリの一覧を表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク