[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

BTOパソコン

pointこの用語のポイント

pointBTO方式で販売されているパソコンだよ

point部品の組み合わせとかを指定できるよ

point注文してから組み立てが始まるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

BTOパソコンとは

お寿司屋さん方式な注文形態で作成されるパソコンのこと。
もう少しきちんと書くと

部品の組み合わせとかを指定できる代わりに、注文してから組み立てが始まるパソコンのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

BTO」は「お寿司屋さん方式」です。
部品のみストックしておいて注文が入ってから組み立てを始めるビジネスモデルですね。

BTO

このBTO方式で作られるパソコンを「BTOパソコン」と言います。
一言で言ってしまえば「セミオーダーパソコン」ですかね。

BTOパソコン

買いたい人は、まずどの部品を使いたいか選びます。
そして選び終わったら注文を出します。
メーカー側は注文を受けてからパソコンを組み立て始めます。
そして組み立て終わったら発送してくれるのです。

メリットはある程度の融通がきくこと。
自分で使う部品を選べるので、お財布事情や自分の使いたい用途に合わせてある程度カスタマイズすることができます。
痒いところに手が届くイメージです。

デメリットは注文してから届くまでに時間が掛かることと、ちょっとだけ専門的な知識が必要なこと。
注文が入ってから組み立て始めるので、当然組み立てる時間と輸送の時間が掛かります。
あとはパソコンの部品についての知識がちょっとだけ必要です。
メモリって何?ちんぷんかんぷんなんだけど」な人に「どのメモリが良い?選んでよ」と言っても選べませんよね。
もちろんメーカーさんが事前に「これオススメだよ~」と教えてくれているので知識が無くても買うこと自体はできます。……が、BTOパソコンのメリット(自分好みのパソコンにできる)が感じられないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「BTO」って単語が出てきたら「お寿司屋さん方式で作られるパソコンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク