[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

BTO

pointこの用語のポイント

point部品の形で保管しておくよ

point注文が入ってから組み立てるよ

pointお寿司屋さん方式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

BTOとは

お寿司屋さん方式なビジネスモデルのこと。
もう少しきちんと書くと

部品のみストックしておいて、注文が入ってからそれらの部品を組み合わせて組み立てる方式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

お寿司屋さんをイメージしてください。

お寿司屋さんでは事前にシャリやネタを仕込んでおきます。
ですが、実際に握って「寿司」にするのはお客さまから注文が入ってからですよね?

BTO

このように注文が入るまでは部品の状態(シャリ、ネタがバラバラの状態)でストックしておき、注文が入ってから組み立てて(握って)商品(寿司)を作る方式が「BTO(ビーティーオー)」です。
Build to Order(ビルド・トゥー・オーダー)」の略で「BTO」ね

メリットは在庫リスクが減ることと細かい融通がききやすいこと。
例えば握る寿司がマグロであろうとコハダであろうと使うシャリやワサビは一緒ですよね?
注文前に握っておいた場合、売れなかったお寿司はシャリも含めて廃棄になります。
ですが注文が入ってから握る形であれば、例えマグロが売れなくてもその分のシャリを他のネタに使うことができます。
お客さまにしても、注文が入ってから握る形であれば細かい注文がつけやすいです。
例えば「サビ抜き」なんかも、既に握ってあったら無理ですからね。

デメリットは「待ち時間」でしょう。
注文が入ってから握り始める=握り終わるまで待たなくてはいけない=注文してすぐ食べられない理屈です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「BTO」って単語が出てきたら「お寿司屋さん方式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク