[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ソフト

pointこの用語のポイント

point「ソフトウェア」の省略表現だよ

pointコンピュータのうち蹴っ飛ばせない部分だよ

pointあるいはアプリケーション(OS以外のソフトウェア)のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ソフトとは

ちょっと柔らかい気分になって「ソフトウェア」を省略した表現。
つまり

コンピュータのうち蹴っ飛ばせない部分のこと
です。
あるいは

「アプリケーション(OS以外のソフトウェア)」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

ソフトウェア
ハードウェア
OS
アプリケーション


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ソフトウェアは「コンピュータのうち蹴っ飛ばせない部分」です。

コンピュータを構成する要素は、2つに分けられます。
その2つとは「蹴っ飛ばせる部分」と「蹴っ飛ばせない部分」です。

例えば、ハードディスクディスプレイは蹴っ飛ばせます。
プログラムファイルは蹴っ飛ばせません。

この2つの要素のうち「蹴っ飛ばせない部分」がソフトウェアです。

ソフト

あと、ついでなので書いておくと「蹴っ飛ばせる部分」は「ハードウェア」と言います。

ソフト2

さて、コンピュータの蹴っ飛ばせない部分(ソフトウェア)ですが、さらに2つに分類できます。
それは

1.OS
2.OS以外


の2つです。

OSは「これが無いとパソコンじゃねーよ」なパソコンさんの基本ソフトウェアです。
パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。
ちなみに「OS」という用語が世間に広まったきっかけがパソコンなので「パソコン」と書きましたが、スマホやその他のコンピュータ類でも同じです。

ソフト3

OSと呼ばれるソフトウェアには、いくつかの種類があります。
パソコンさんの世界では、WindowsMacLinux辺りが有名どころです。
スマホの世界であれば、iOSAndroidなどが主流です。

OSはパソコンさんの人格に相当するソフトウェアです。
パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

ソフト4

これが

1.OS

の説明です。
一方、

2.OS以外

のソフトウェアは「アプリケーション」と言います。
正式名称は「アプリケーションソフトウェア」ですが、くそ長ったらしいので「アプリケーション」と省略されるのが一般的です。

アプリケーションはOSと対比されるためにある用語です。

ソフト5

コンピュータの人格に相当するソフトウェアがOSです。
OS以外のソフトウェアがアプリケーションです。
つまり、世の中にある大部分のソフトウェアがアプリケーションに分類されます。

ソフト6

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて「ソフトウェア」の省略表現が「ソフト」です。
「ソフトウェア」と「ソフト」は実質的に同じ意味になります。

ソフト7

ただし、一般的には「アプリケーション」を意図して「ソフト」と表現している場合が多いはずです。
例えば「メール『ソフト』」「FTP『ソフト』」「フリー『ソフト』」のような場合です。

ソフト8

個人的な印象ですが、OSを指して「ソフト」とは、あまり言いません。
もちろんOSもソフトではあるのですが、OSは「OS」と呼ぶのが一般的です。
それに伴い「ソフト」という表現には、言外に「OS以外の」と付いている場合が多い気がします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ソフト」って単語が出てきたら「(OS以外の)ソフトウェアのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク