[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

添付ファイル

pointこの用語のポイント

pointメールにくっつけて送るファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

添付ファイルとは

メールにくっつけて送るファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

最近のメールは文章だけではなくファイルを送ることもできます。
そのメールにくっつけて送るファイルが「添付ファイル」です。

添付ファイルはできるだけサイズを小さくするのがマナーです。
あまりサイズの大きいファイルを添付すると「何だよ。嫌がらせかよ。そんなデカい荷物は受け取れねーよ」とメールサーバさんに怒られちゃうこともありますよ。

添付ファイルのサイズのマナーについて、どの程度のサイズから「非常識」と感じるかは人それぞれですが、1M未満で非常識と感じる人は会ったことがありません。
そのため私自身は1Mを一つの目安にしていますし、1Mを目安にしている人は多いように感じます。

ちなみに何故添付ファイルの容量が多いと迷惑になるかですが、個人的には

1.相手が受け取れないかもしれない
2.相手の郵便受けの中を占領してしまう
3.相手が受信するのに時間が掛かる


の3つが理由として大きいと考えています。

「1.」はそのまんまですね。
添付ファイルのサイズが大きすぎると相手のメールサーバから拒否されてしまいます。

「2.」と「3.」は意外と忘れがちです。

「2.」についてですが、あなたの送ったメールは相手の郵便受けに入ります。
郵便受けがいっぱいになったら新しいメールを受け取れません。
「今どきそんな小さな郵便受けを使ってる人はいないよ」と感じるかもしれませんが、相手が郵便受けに溜めっぱなしの可能性もあります。
そのためメールのサイズは小さければ小さい程無難だと思います。

「3.」は考え過ぎと言えば考え過ぎですが、配慮して損は無いはずです。
相手がメールを見るとき、おそらくメールソフトで受信処理を行いますよね。
そのとき、サイズが大きければ大きいほど受信に時間が掛かります。
あなたの送ったメールの次にすぐに処理したいメールがある場合、相手の方はイライラするかもしれません。
やっぱりメールのサイズは小さければ小さい程無難だと思います。

「送受信できる容量」以外に「相手が保存しておける容量」と「受信する手間」も考えてあげてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「添付ファイル」って単語が出てきたら「メールにくっつけて送るファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク