[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Re:【メール】

pointこの用語のポイント

point「返信」を意味するよ

point主にメールの件名で使われる表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Re:【メール】とは

メールの件名などで慣習的に使われている表現のひとつ
であり

「これは元のやつに対する返信ですよ~」を意味する表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「メール」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

Re:

以上を踏まえて「これは元のやつに対する返信ですよ~」を意図した表現が「Re:」です。
メールの件名などに付与して

Re: 明日の昼ご飯の件について

のような使い方をします。
意味は「このメールは『明日の昼ご飯の件について』という件名のメールに対する返信ですよ」です。

「Re:」の語源は諸説様々です。
例えば「RFC 2822」と呼ばれる偉そうな文書の中では、ラテン語の「res」が語源とされています。

RFC2822の3.6.5.に書いてある

When used in a reply, the field body MAY start with the string "Re: " (from the Latin "res", in the matter of) followed by the contents of the "Subject:" field body of the original message.

の中の

(from the Latin "res", in the matter of)

の部分です。
頑張って英語版読んだのですよ。偉いでしょ。

その後で出てきた「RFC 5322」と呼ばれる偉そうな文書の中では、ラテン語の「in re」の省略であるとされています。

こちらはRFC5322の3.6.5.に書いてある

When used in a reply, the field body MAY start with the string "Re: " (an abbreviation of the Latin "in re", meaning "in the matter of") followed by the contents of the "Subject:" field body of the original message.

の中の

(an abbreviation of the Latin "in re", meaning "in the matter of")

の部分です。
やっぱり頑張って英語版を読んだのですよ。偉いでしょ。

ちなみに「response」や「reply」等の省略形であるとする根拠(となる資料)は無いようです……が「気持ちは分かる」という人が多いのではないでしょうか。
私も「どーせ『response』か『reply』の省略表現でしょ?」と思って調べたので、違うと知って驚きました。
メールヘッダに「Reply-to」とか作ってるんだから「reply」の省略系ってことでいーじゃん!ぶつぶつ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Re:」って単語が出てきたら「『返信ですよ』って意味なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク