[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MRA

pointこの用語のポイント

pointメールサーバにいるプログラムだよ

pointメールソフトがメールを取りにきたときに相手するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MRAとは

お手紙引取り窓口のこと。
もちっと真面目に書くと

メールソフトさんがメールを取りに行ったときに相手してくれるプログラムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Mail Retrieval Agent(メール・リトリーバル・エージェント)」の略で「MRA」ね。

あなた宛てのメールは一旦メールサーバのあなたのメールボックスに保存されます。
そのメールをコンピュータにコピーしてきたり直接メールボックスの中に見に行くことで、あなたはメールの中身を確認できるのです。

実際にメールをコンピュータにコピーしてきたりする作業はメールソフトさんがやってくれるのですが、その相手をしてくれるメールサーバ側のプログラムが「MRA」です。
メールソフトさんの「ねぇねぇ、新しいメールある?」ってな問い合わせに「あったよ~、ほれ」とメールをくれたり「いや、無かったよー」とお返事してくれたりするのですね。

お手紙を引き取るときの窓口なイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MRA」って単語が出てきたら「メールサーバにいる、メール受け取り用の窓口プログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク