[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Errors-To【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「メールの配達途中でエラーが起きたら、ここに連絡してね」な情報が書かれているよ

point多分そのうち使われなくなるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Errors-To【メールヘッダ】とは

メールヘッダの項目のひとつ
であり

メールにくっつく「メールの配達途中でエラーが起きたら、ここに連絡してね」な情報
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「メール」と「メールヘッダ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

Errors-To

メールヘッダは「そのメールに関する説明書きが書いてある部分」です。
メールヘッダは、ちょうどメールの頭の辺りにあります。

Errors-To2

というのは冗談です。

Errors-To3

メールヘッダはメールの「封筒」に相当します。

Errors-To4

試しに実際のお手紙で考えてみてください。

お手紙は、中に入れる便箋だけでは相手に届きません。
宛先を書いて切手を貼った封筒が必要です。
封筒の中に便箋が入って、はじめて、お手紙としての役割を果たせます。

Errors-To5

メールも同じです。
本文だけでは相手に届きません。

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)
2.本文を書いた部分(便箋)


の2つが揃って、はじめてメールとしての役割を果たせるのです。

この2つのうち

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)

の呼び名が「メールヘッダ」です。

Errors-To6

実際のメールヘッダは、例えば以下のようになっています。

■メールヘッダ例
Return-Path: <from@example.com>
X-Original-To: to@example.com
Delivered-To: to@example.com
Received: from [192.168.0.2] (hoge.example.com [198.51.100.2])
by example.com (Postfix)
with ESMTPSA id 744294074A15 for <to@example.com>;
Fri, 20 Jun 2014 21:22:42 +0900 (JST)
Date: Fri, 20 Jun 2014 21:22:40 +0900
Errors-To: errors-to@example.com
From: ピヨピヨ ピヨ太 <from@example.com>
To: to@example.com
Subject: こんばんは~
Cc: cc@example.com
In-Reply-To: <CAA3QdPUTTwPuefb40LKXitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jzt5awxw@example.com>
References: <20140620193439.7CBF.78EEE63C@example.com> <CAAwPuefb40LKX3QdPUTTitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jazt5wxw@example.com>
Message-Id: <20140701162135.7CBF.9BE9E63C@example.com>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: piyopiyo mailer ver. 1.2 [ja]


以上を踏まえて、メールヘッダの項目のひとつで、メールを配達している途中で何かエラーが起きた場合に「やべっ!なんかエラーが起きてメールを届けられないんだけど!」を連絡する先を入れておく場所が「Errors-To」です。
実際の「Errors-To」は

Errors-To: hoge@example.com

のような形になっています。
書いてあるのはメールアドレスです。

……あれ?
Return-Path」とは何が違うのでしょうか。

「Return-Path」は「メールの配達途中でエラーとかが起きたら、ここに返信(連絡)してね」な連作先を入れておく場所でした。
パッと見では同じっぽいですね。

細かい違いはいくつもありますが、一言で言えば「Errors-To」は「本来は正式な項目じゃないから、あんまり使うな!」な項目なのです。
「エラーを返したいときは『Return-Path』を使った方が望ましいと言わざるをえないんじゃないかなぁ」と、どっかの元締めさんは言っています。

つまり「Errors-To」は「よく使われていたローカルルール」なのです。

全世界的に普及している「sendmail」という名前のメール配信用プログラムが「Errors-To」に対応していました。
そのため昔は(今も?)、この「Errors-To」が意識されていたのです。

とはいえ「sendmai」も新しいバージョンでは「Errors-To」を無視する傾向にあります。
可哀想ではありますが、そのうち使われなくなるであろう項目です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Errors-To」って単語が出てきたら「エラー内容の通知先なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク