[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

X-Priority【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「このメールはこれくらい重要です」な情報が書かれているよ

pointあくまでメールを送った方の自己申告だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

X-Priority【メールヘッダ】とは

メールにくっつく「このメールはこれくらい重要です」な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

メールの重要度を示す情報が「X-Priority」です。
メールの「メールヘッダ」と呼ばれるところにくっついて相手に送られます。

■メールヘッダ例

Return-Path: <from@example.com>
X-Original-To: to@example.com
Delivered-To: to@example.com
Received: from [192.168.0.2] (hoge.example.com [198.51.100.2])
by example.com (Postfix)
with ESMTPSA id 744294074A15 for <to@example.com>;
Fri, 20 Jun 2014 21:22:42 +0900 (JST)
Date: Fri, 20 Jun 2014 21:22:40 +0900
From: ピヨピヨ ピヨ太 <from@example.com>
To: to@example.com
Subject: こんばんは~
Cc: cc@example.com
In-Reply-To: <CAA3QdPUTTwPuefb40LKXitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jzt5awxw@example.com>
References: <20140620193439.7CBF.78EEE63C@example.com> <CAAwPuefb40LKX3QdPUTTitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jazt5wxw@example.com>
Message-Id: <20140701162135.7CBF.9BE9E63C@example.com>
X-Priority: 3
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: piyopiyo mailer ver. 1.2 [ja]


X-Priority

実際の「X-Priority」は

X-Priority: 3

のような形で数字で記述されます。

「X-Priority」は共通ルールとして定義されている項目ではありません……が、多くのメールソフトが対応しています。
この「X-Priority」の値に従って、メールソフトによっては重要マークがついたり色が変わったりします。

ちなみに「X-Priority」には1~5までの数値が設定可能で、それぞれ

・1:重要だよ
・2:やや重要だよ
・3:普通だよ
・4:やや重要じゃないよ
・5:別に重要じゃないよ


の意味になります。

ついでに書くと、重要度の設定は中々にデリケートな問題です。

あくまで「メールを送った方の自己申告」なので受け手にとって重要とは限りません。
また「すべての要件が重要。むしろ重要じゃない連絡ならしてよこすな」と考える人もいるでしょう。

重要度を高めにつけるということは「見てね!絶対見てね!絶対だよ!」と言っているのと同じです。
それを見て「あぁ、重要な要件なんだろうなぁ」と感じるか「押しつけがましいなー、うざっ」と感じるかは受け手次第ですよ。

そのため個人的には重要度の設定はしない方が無難だと考えています。
重要度を設定するよりは件名に【重要】【緊急】などと付けた方がまだ角が立たないと思います。
それでも重要度を設定したい場合は「『相手にとって』重要か」を判断して付けてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「X-Priority」って単語が出てきたら「メールの重要度を示す情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク