[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Received【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「このメールはここを通ってきました~」な情報が書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Received【メールヘッダ】とは

メールにくっつく「このメールはここを通ってきました~」な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

メールがどこを経由してあなたに届いたかを示す情報が「Received」です。
メールの「メールヘッダ」と呼ばれるところにくっついて相手に送られます。

Received

■メールヘッダ例

Return-Path: <from@example.com>
X-Original-To: to@example.com
Delivered-To: to@example.com
Received: from [192.168.0.2] (hoge.example.com [198.51.100.2])
by example.com (Postfix)
with ESMTPSA id 744294074A15 for <to@example.com>;
Fri, 20 Jun 2014 21:22:42 +0900 (JST)
Date: Fri, 20 Jun 2014 21:22:40 +0900
From: ピヨピヨ ピヨ太 <from@example.com>
To: to@example.com
Subject: こんばんは~
Cc: cc@example.com
In-Reply-To: <CAA3QdPUTTwPuefb40LKXitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jzt5awxw@example.com>
References: <20140620193439.7CBF.78EEE63C@example.com> <CAAwPuefb40LKX3QdPUTTitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jazt5wxw@example.com>
Message-Id: <20140701162135.7CBF.9BE9E63C@example.com>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: piyopiyo mailer ver. 1.2 [ja]


例えばAさんがBさんにお手紙を出しました。

このお手紙はAさんから直接Bさんに届く訳ではありません。
Aさんがポストに入れたお手紙はAさん最寄りのアアア郵便局に届き、そこからBさん最寄りのイイイ郵便局に届きそこからBさんに届きます。

このときAさんが出したお手紙には「ポスト→アアア郵便局→イイイ郵便局」という情報がくっつきます。
この「ポスト→アアア郵便局→イイイ郵便局」という情報がメールではそれぞれ「ポスト」「アアア郵便局」「イイイ郵便局」にバラされて「Received」に設定されるのです。

[Aさん]
 ↓
[ポスト]
 ↓
Received:ポスト
がくっついたメール
 ↓
[アアア郵便局]
 ↓
Received:アアア郵便局
Received:ポスト
がくっついたメール
 ↓
[イイイ郵便局]
 ↓
Received:イイイ郵便局
Received:アアア郵便局
Received:ポスト
がくっついたメール
 ↓
[Bさん]


のような形ですね。

最終的にBさんに届いたメールには

Received:イイイ郵便局
Received:アアア郵便局
Received:ポスト


がくっついています。
「あれ?並び順が逆じゃね?」と思うかもしれませんが「Received」は下に行くほど送った人に近い場所になりますよ。

実際の「Received」は例えば

Received: from hogehoge.example.com ([192.0.0.xx]) by hoge2.example.com with SMTP; 19 Jun 2013 15:47:42 +0900

のようになっています。
経由したコンピュータやサーバIPアドレスホスト名が記述されていますよ。

形式としては、例えば

Received: from [A] ([B]) by [C] with SMTP; [D]

のような形です。
これは「自称[A]な[B]から来たメールを[C]が[D]な時間に受け取った」を意味します。

[A]は相手が自己申告してきた名前です。
迷惑メールでは大抵偽装されています。
[B]は一旦忘れていただいて[C]はこのメールを受け取ったコンピュータの名前です。
[D]は[C]が[A]からメールを受け取った時間ですね。

おっと、[B]の存在を忘れていました。
[B]は「[C]が調べた[A]の名前」です。
[C]は疑り深いですからね。
自己申告の[A]を鵜呑みにはせず自分でも調べるのです。
そしてその調べた情報を「Received」にくっつけてくれます。

一例ですが、自己申告の[A]が「佐藤」なのに調べた名前[B]が「鈴木」だったら「あれ?こいつ嘘ついてね?」と分かりますよね。
そのようにして偽装を見破れる場合もあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Received」って単語が出てきたら「メールがどこを経由してきたかを示す情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク