[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Received【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「このメールは、ここを通ってきました~」な情報が書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Received【メールヘッダ】とは

メールヘッダの項目のひとつ
であり

メールにくっつく「このメールは、ここを通ってきました~」な情報
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「メール」と「メールヘッダ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

Received

メールヘッダは「そのメールに関する説明書きが書いてある部分」です。
メールヘッダは、ちょうどメールの頭の辺りにあります。

Received2

というのは冗談です。

Received3

メールヘッダはメールの「封筒」に相当します。

Received4

試しに実際のお手紙で考えてみてください。

お手紙は、中に入れる便箋だけでは相手に届きません。
宛先を書いて切手を貼った封筒が必要です。
封筒の中に便箋が入って、はじめて、お手紙としての役割を果たせます。

Received5

メールも同じです。
本文だけでは相手に届きません。

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)
2.本文を書いた部分(便箋)


の2つが揃って、はじめてメールとしての役割を果たせるのです。

この2つのうち

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)

の呼び名が「メールヘッダ」です。

Received6

実際のメールヘッダは、例えば以下のようになっています。

■メールヘッダ例
Return-Path: <from@example.com>
X-Original-To: to@example.com
Delivered-To: to@example.com
Received: from [192.168.0.2] (hoge.example.com [198.51.100.2])
by example.com (Postfix)
with ESMTPSA id 744294074A15 for <to@example.com>;
Fri, 20 Jun 2014 21:22:42 +0900 (JST)
Date: Fri, 20 Jun 2014 21:22:40 +0900
From: ピヨピヨ ピヨ太 <from@example.com>
To: to@example.com
Subject: こんばんは~
Cc: cc@example.com
In-Reply-To: <CAA3QdPUTTwPuefb40LKXitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jzt5awxw@example.com>
References: <20140620193439.7CBF.78EEE63C@example.com> <CAAwPuefb40LKX3QdPUTTitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jazt5wxw@example.com>
Message-Id: <20140701162135.7CBF.9BE9E63C@example.com>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: piyopiyo mailer ver. 1.2 [ja]


以上を踏まえて、メールヘッダの項目のひとつで「このメールは、どこを経由して届いたの?」を示す情報が入る場所が「Received(レシーブド)」です。
実際の「Received」は

Received: from hogehoge.example.com ([192.0.0.xx]) by hoge2.example.com with SMTP; 19 Jun 2013 15:47:42 +0900

のような形になっています。

例えば、そうですね。

ピヨ太君がピヨ子さんにお手紙を出しました。

Received7

このお手紙はピヨ太君から直接ピヨ子さんに届くわけではありません。
まずピヨ太君は、お手紙をポストに入れます。

Received8

ピヨ太君がポストに入れたお手紙は、ピヨ太君最寄りの神奈川郵便局に運ばれます。

Received9

神奈川郵便局に届いたお手紙は、ピヨ子さん最寄りの東京郵便局に運ばれます。

Received10

東京郵便局に届いたお手紙は、ピヨ子さんに配達されます。

Received11

このとき、お手紙には

ポスト
 ↓
神奈川郵便局
 ↓
東京郵便局


という情報がくっついています。

この情報がメールでは「Received」に設定されるのです。

ピヨ太君がポストにメールを入れました。
この時点では、何もくっついていません。

Received12

ポストから神奈川郵便局に移動した時点で、メールには

Received:ポスト

の情報がくっついています。
「ポストを経由してきたよ」の意味です。

Received13

神奈川郵便局から東京郵便局に移動した時点で、メールには

Received:神奈川郵便局
Received:ポスト


の情報がくっついています。
「ポストを経由して神奈川郵便局を経由してきたよ」の意味です。

Received14

東京郵便局からピヨ子さんに移動した時点で、メールには

Received:東京郵便局
Received:神奈川郵便局
Received:ポスト


の情報がくっついています。
「ポストを経由して神奈川郵便局を経由して東京郵便局を経由してきたよ」の意味です。

Received15

ピヨ子さんに届いたメールには、最終的に

Received:東京郵便局
Received:神奈川郵便局
Received:ポスト


がくっついています。
「あれ?並び順が逆じゃね?」と思うかもしれませんが「Received」は下に行くほど送った人に近い場所になります。

この「Received」を見れば「あぁ、このメールはポストを経由して神奈川郵便局を経由して東京郵便局を経由して届いたんだな」と分かる理屈です。

上でも書きましたが、実際の「Received」は

Received: from hogehoge.example.com ([192.0.0.xx]) by hoge2.example.com with SMTP; 19 Jun 2013 15:47:42 +0900

のようになっています。
経由したコンピュータのIPアドレスホスト名が書いてあります。

「Received」の形式は、例えば

Received: from 【A】 (【B】) by 【C】 with SMTP; 【D】

のような形です。
これは

自称【A】な【B】から来たメールを【C】が【D】な時間に受け取った

を意味しています。

【A】は相手が自己申告してきた名前です。
迷惑メールの場合は、ほぼ間違いなく偽装されています。

【B】は一旦、忘れてください。

【C】は、このメールを受け取ったコンピュータの名前です。

【D】は【C】がメールを受け取った時間です。

おっと、【B】の存在を忘れていました。
【B】は「【C】が調べた【A】の名前」です。

【C】は疑り深いのです。
自己申告の【A】を鵜呑みにはせず自分でも調べます。
この調べた結果が「Received」の【B】にくっついています。

一例ですが、自己申告の【A】が「佐藤」なのに調べた名前【B】が「鈴木」だったら「あれ?こいつ嘘ついてね?」と分かりますよね。
そのようにして偽装を見破れる場合もあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Received」って単語が出てきたら「メールがどこを経由してきたかを示す情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク