[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

References【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「こいつらに関係する返信です!」な情報が書かれているよ

point関係するメールの数だけMessage-IDが書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

References【メールヘッダ】とは

メールヘッダの項目のひとつ
であり

メールにくっつく「ボクは、こいつらに関係する返信です!」な情報
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「メール」と「メールヘッダ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

References

メールヘッダは「そのメールに関する説明書きが書いてある部分」です。
メールヘッダは、ちょうどメールの頭の辺りにあります。

References2

というのは冗談です。

References3

メールヘッダはメールの「封筒」に相当します。

References4

試しに実際のお手紙で考えてみてください。

お手紙は、中に入れる便箋だけでは相手に届きません。
宛先を書いて切手を貼った封筒が必要です。
封筒の中に便箋が入って、はじめて、お手紙としての役割を果たせます。

References5

メールも同じです。
本文だけでは相手に届きません。

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)
2.本文を書いた部分(便箋)


の2つが揃って、はじめてメールとしての役割を果たせるのです。

この2つのうち

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)

の呼び名が「メールヘッダ」です。

References6

実際のメールヘッダは、例えば以下のようになっています。

■メールヘッダ例
Return-Path: <from@example.com>
X-Original-To: to@example.com
Delivered-To: to@example.com
Received: from [192.168.0.2] (hoge.example.com [198.51.100.2])
by example.com (Postfix)
with ESMTPSA id 744294074A15 for <to@example.com>;
Fri, 20 Jun 2014 21:22:42 +0900 (JST)
Date: Fri, 20 Jun 2014 21:22:40 +0900
From: ピヨピヨ ピヨ太 <from@example.com>
To: to@example.com
Subject: こんばんは~
Cc: cc@example.com
In-Reply-To: <CAA3QdPUTTwPuefb40LKXitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jzt5awxw@example.com>
References: <20140620193439.7CBF.78EEE63C@example.com> <CAAwPuefb40LKX3QdPUTTitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jazt5wxw@example.com>
Message-Id: <20140701162135.7CBF.9BE9E63C@example.com>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: piyopiyo mailer ver. 1.2 [ja]


以上を踏まえて、メールヘッダの項目のひとつで「どのメールに関係している返信ですか?」を示す情報を入れておく場所が「References」です。
実際の「References」は

References: <20140308102504125310.1374@example.com> <20140309192644108390.1374@example.com>

のような形になっています。

「References」に書かれているのは「Message-ID」です。
Message-IDはメールの背番号みたいなものです。
メールを特定するためにあります。
Message-IDの詳細は、用語「Message-ID」の解説をご覧ください。

「References」の役割は「In-Reply-To」と、ほぼ同じです。
「In-Reply-To」は「どのメールに対する返信だよ」を示す情報を書いておく場所ね。

ただし「In-Reply-To」と「References」には以下の違いがあります。

In-Reply-To:直接の返信元のみを示す
References:返信元の返信元(の返信元……)も示す


「In-Reply-To」には、お父さんの名前しか書いてありません。
「References」には、お父さんの名前に加えて、お祖父ちゃんの名前や曾祖父ちゃんの名前も書いてあります。
そんなイメージです。

例えば、そうですね。

ピヨ太君がピヨ子さんにメールを送りました。
このメールの背番号が「1」だったとしましょう。

References7

ピヨ子さんがピヨ太君のメールに返信しました。
この返信メールの背番号は「2」です。

References8

このとき、ピヨ子さんが送った返信メールには「背番号1に対する返信で~す」という情報がくっつきます。

References9

「背番号1に対する返信で~す」が書かれている場所は「In-Reply-To」です。

References10

背番号2のメールには「背番号1に関係する返信で~す」という情報もくっつきます。

References11

「背番号1に関係する返信で~す」が書かれている場所が「References」です。

References12

話は、まだ続きます。

ピヨ子さんの返信に対して、さらにピヨ太君が返信しました。
この返信メールの背番号は「3」です。

References13

このとき、ピヨ太君が送った返信メールには「背番号2に対する返信で~す」という情報がくっつきます。

References14

確かに、そうですね。
ピヨ子さんから来た返信メールの背番号は「2」でした。
背番号「3」のメールは背番号「2」のメールに対する返信です。

この「背番号2に対する返信で~す」が書かれている場所は「In-Reply-To」です。

References15

背番号3のメールには「背番号1と2に関係する返信で~す」という情報もくっつきます。

References16

「背番号1と2に関係する返信で~す」書かれている場所が「References」です。

References17

いかがでしょう。

「In-Reply-To」には直接の返信元が書かれています。
「References」には直接の返信元も含め、ご先祖様たちが書かれています。

似ているけど違いますよね。

返信ラッシュになると「References」は、どんどん長くなっていきます。
実際にはメールソフトさんが適当に省略したりしますけどね。
ある程度は返信元のメールを辿れます。

この性質を利用して、メールソフトさんはメール同士を関連付ける際に「References」を利用しています。

例えばメール一覧の並びを

ラーメンの件について
 Re:ラーメンの件について
  Re:Re:ラーメンの件について
 Re:ラーメンの件について
  Re:Re:ラーメンの件について
   Re:Re:Re:ラーメンの件について

カレーの件について
 Re:カレーの件について


のように表示したりする場合です。
メール同士の関係性を理解するのに「References」を参考にします。

あっ、そうそう。

普通に新規作成したメール(返信ではないメール)は、他のメールと関係がありません。
「References」は付いていないのが普通です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「References」って単語が出てきたら「どのメールと関係する返信かを示す情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク