[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Subject【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「メールの件名はこれです」な情報が書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Subject【メールヘッダ】とは

メールにくっつけて送る「メールの件名はこれです」な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

メールの件名を記載する場所が「Subject」です。
メールの「メールヘッダ」と呼ばれるところにくっついて相手に送られます。

Content-Subject

■メールヘッダ例

Return-Path: <from@example.com>
X-Original-To: to@example.com
Delivered-To: to@example.com
Received: from [192.168.0.2] (hoge.example.com [198.51.100.2])
by example.com (Postfix)
with ESMTPSA id 744294074A15 for <to@example.com>;
Fri, 20 Jun 2014 21:22:42 +0900 (JST)
Date: Fri, 20 Jun 2014 21:22:40 +0900
From: ピヨピヨ ピヨ太 <from@example.com>
To: to@example.com
Subject: こんばんは~
Cc: cc@example.com
In-Reply-To: <CAA3QdPUTTwPuefb40LKXitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jzt5awxw@example.com>
References: <20140620193439.7CBF.78EEE63C@example.com> <CAAwPuefb40LKX3QdPUTTitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jazt5wxw@example.com>
Message-Id: <20140701162135.7CBF.9BE9E63C@example.com>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: piyopiyo mailer ver. 1.2 [ja]


実際の「Subject」は

Subject: ○○の報告書について

のような形で記述されています。

また「Subject」にはいくつか暗黙のルール的な慣習があります。
例えば返信の場合は頭に「Re:」や「RE:」を付けたり、転送したメールの場合は「Fwd」や「FW:」付けたりですね。
ちょっとマイナーですが「××(was Re: ○○)」のように書いて「元々の件名は『Re: ○○』だったけど『××』に変更しました~」を表現する場合もあります。

あとは業種や職種によっても独自の慣習があるようです。
例えば営業系の人は「○○会社の××です」のように自己紹介が入っているSubjectが多いですし、IT系の人は「○○の件」のように内容を要約したSubjectを付ける傾向があるように思えます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Subject」って単語が出てきたら「メールの件名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク