[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

BCC【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「こっそり読んでおいてね」な宛先を入れる場所だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

BCC【メールヘッダ】とは

メールを送るときに「こっそり読んでおいてね」な宛先のメールアドレスを入力する欄のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Blind Carbon Copy(ブラインド・カーボン・コピー)」の略で「BCC」です。
メールの「メールヘッダ」と呼ばれるところにくっついて相手に送られます。

BCC

メールを作成するとき、送り先のメールアドレスを入力する欄は

TO
CC
・BCC


の3つがあります。
この3つのどれに入力してもメール自体は相手に届くのですが、それぞれ用途が違うのです。

そして「BCC」には「あなた宛てのメールじゃないけど、こっそりに読んでおいてよ」な宛先を入力するのが普通です。
「おまえが読んでるのは内緒だからな、しー(-b-)」な宛先ですね。

実際の「BCC」は何も記述されません。
「TO」や「CC」と違って、メールヘッダ上でも内緒なのです。

「BCC」の特徴はメールを受け取った相手に「この人にも送ったよ~」とバレないことでしょう。
そのため「BCC」の使い方はもちろん、BCCのメールを受け取った方も注意が必要です。

例えばBCCに入力した宛先はメールを送った人とBCCで受け取った人本人以外には分かりません。
そのためそのメールに対する返信はBCCでメールを受け取っていた人には届かないのです。
メールの相手にはBCCの人の存在が分かりませんからね。

またBCCでメールを受け取った人は絶対にそのメールに返信してはいけません。
こっそり送ってくれたのが台無しになってしまいます。
あなた以上に、元々のメールを送った人が信頼を失ってしまいますよ。

「BCC」は打ち合わせの場をこっそり盗聴しているイメージです。
盗聴しているあなたは打ち合わせ相手にはいないことになっているのでご注意ください。

ちなみに、ちょっと専門的な話になってしまいますが、メールヘッダにおけるBCCの扱いは少しだけ特別です。
普通は相手先にメールが届くまでに削除されるのです。
メールを配達している奴らが「あっ、これがメールを受け取る人たちにバレたらマズいよね」と気を利かせて消してくれます。
そのため、受け取ったメールのヘッダ情報を見て「あっ、こいつにもBCCで送ってるな」とバレることは基本的にありません。ご安心ください。

たま~~~~~~~~~~~~~~に、メールソフトバグで削除されない場合があるようですけどね。
心配な人は、一度自分をBCCに入れてメールを送ってみて、メールヘッダがどうなっているか確認すれば良いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「BCC」って単語が出てきたら「『こっそり読んでおいてね』な宛先を入れるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク