[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CC【メールヘッダ】

pointこの用語のポイント

pointメールヘッダの項目だよ

point「参考までに読んでおいてね」な宛先を入れる場所だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CC【メールヘッダ】とは

メールヘッダの項目のひとつ
であり

「参考までに読んでおいてね」な宛先のメールアドレスを入力する欄
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「メール」と「メールヘッダ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

CC

メールヘッダは「そのメールに関する説明書きが書いてある部分」です。
メールヘッダは、ちょうどメールの頭の辺りにあります。

CC2

というのは冗談です。

CC3

メールヘッダはメールの「封筒」に相当します。

CC4

試しに実際のお手紙で考えてみてください。

お手紙は、中に入れる便箋だけでは相手に届きません。
宛先を書いて切手を貼った封筒が必要です。
封筒の中に便箋が入って、はじめて、お手紙としての役割を果たせます。

CC5

メールも同じです。
本文だけでは相手に届きません。

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)
2.本文を書いた部分(便箋)


の2つが揃って、はじめてメールとしての役割を果たせるのです。

この2つのうち

1.宛先や差出人の名前などを書いた部分(封筒)

の呼び名が「メールヘッダ」です。

CC6

実際のメールヘッダは、例えば以下のようになっています。

■メールヘッダ例
Return-Path: <from@example.com>
X-Original-To: to@example.com
Delivered-To: to@example.com
Received: from [192.168.0.2] (hoge.example.com [198.51.100.2])
by example.com (Postfix)
with ESMTPSA id 744294074A15 for <to@example.com>;
Fri, 20 Jun 2014 21:22:42 +0900 (JST)
Date: Fri, 20 Jun 2014 21:22:40 +0900
From: ピヨピヨ ピヨ太 <from@example.com>
To: to@example.com
Subject: こんばんは~
Cc: cc@example.com
In-Reply-To: <CAA3QdPUTTwPuefb40LKXitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jzt5awxw@example.com>
References: <20140620193439.7CBF.78EEE63C@example.com> <CAAwPuefb40LKX3QdPUTTitkx=6N9D80-U1p3_jpe49Jazt5wxw@example.com>
Message-Id: <20140701162135.7CBF.9BE9E63C@example.com>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: piyopiyo mailer ver. 1.2 [ja]


以上を踏まえて、メールヘッダの項目のひとつで「参考までに読んでおいてね」な宛先のメールアドレスを入れておく場所が「CC」です。
実際の「CC」は

Cc: piyo@example.com



Cc: ぴよぴよ太郎 <piyo@example.com>

のような形になっています。

ちなみに「Carbon Copy(カーボン・コピー)」の略で「CC」です。
気が向いたら、覚えてあげてください。

メールを作成するとき、送り先のメールアドレスを入力する欄は3つあります。

TO
・CC
BCC


の3つです。

この3つのどれにメールアドレスを入力してもメールは相手に届きます。
ただし、それぞれの項目は用途が異なるのです。

一般的には「あなた宛てのメールではないけど、一緒に読んでおいてよ」な宛先を「CC」に入れます。
「参考までに、ご一読くださいませ、ぺこぺこ」です。

CCに入れるのは「参考までに読んでおいて」な相手です。
本命の相手、読んだら返事が欲しい相手は「CC」には入れません。
「TO」に入れてください。

また「CC」に入れたメールアドレスは、送り先で表示されます。
メールを受け取った相手に「この人にも送ったよ~」とバレるわけです。
そのため「CC」の使い方には、注意が必要です。

例えば、パーティの案内メールを送るとしましょう。
関係者全員を「CC」に入れて送りました。

関係者が全員顔見知りであれば問題になることは少ないはずです。
ですが、場合によっては面識のない人同士もいるでしょう。
あるいは、何らかの事情でメールアドレスを教えたくない人がいるかもしれません。

そんな中、関係者全員のメールアドレスを「CC」に入れてしまいました。
「CC」に入れたメールアドレスは送り先に見えてしまいます。
メールを受け取った人は、関係者全員分のメールアドレスが分かってしまいました。

これはヤバいですね。
(悪気は無いにせよ)メールアドレスが漏洩しました。

「CC」は、打ち合わせの場に同席してもらうイメージです。
同席してもらう人同士の関係性によってはトラブルの元になります。
ご注意ください。

あと余談ですが、私はメールを送る際には、必ず自分のメールアドレスをCCに入れます。
気休めですが、自分にメールが送られてくれば「ちゃんと相手にも送られているだろうな~」な気分になれるからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CC」って単語が出てきたら「『参考までに読んでおいてね』な宛先を入れる項目なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク