[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

1次元コード

pointこの用語のポイント

pointバーコードのことだよ

pointピッ!な縞々だよ

point縞々で情報を表現しているよ

point見た目は長方形だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

1次元コードとは

いわゆる「バーコード」のこと。
つまり

レジでピッ!ってやるアレみたいに、見た目は長方形で、数字や文字などの情報を縞々で表現したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「バーコード」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

バーコードは「黒と白の縞々で数字や文字などの情報を表現したもの」です。
見た目は長方形になっていることが多いはずです。

1次元コード

みなさんが一番馴染みがあるバーコードは、レジでピッ!ってやるアレでしょう。
読み取り機(バーコードリーダ)でピッ!とやることで、中に記録されている情報が読み取られます。

1次元コード2

以上を踏まえて、バーコードの別の呼び名が「1次元コード」です。
「バーコード」と「1次元コード」は同じ意味の用語だと解釈してください。

1次元コード3

バーコードは横方向に情報を記録していきます。
方向としては1つです。
線です。
1次元です。

1次元コード4

だからバーコードを「1次元コード」と呼んだりします。

ちなみに、1次元コードがあるのですから「2次元コード」もあります。

2次元コードは「縦の縞々と横の縞々を組み合わせて情報を表現したもの」です。
QRコード」と表現した方がイメージしやすいかもしれませんね。
QRコードは2次元コードのひとつです。

1次元コード5

バーコードが横方向に情報を記録していくのに対し、2次元コードは縦と横に情報を記録します。
方向としては2つです。
平面です。
2次元です。

1次元コード6

「1次元コード」という表現は「2次元コード」と比較するときに、よく出てきます。
「2次元コード」と比較する必要がない場合は「バーコード」と表現されることが多いはずです。
普通の人は「1次元コード」よりも「バーコード」の方が馴染みがありますからね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「1次元コード」って単語が出てきたら「バーコードのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク