[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バージョン (version)

pointこの用語のポイント

point年齢みたいなものだよ

point「私は何人目の私?」を表す数字や文字だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バージョン (version)とは

ソフトウェアの年齢みたいなもの。
もう少し現実に即した説明をすると

「私は何人目の私?」を表す数字や文字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

普通は「版」や「版数」などと訳されます。

バージョンの表記方法は特に決まりがあるわけではありませんが、「1.0.0」のように数字を並べた形式が多いです。
また機能追加や不具合の修正などでソフトウェアが成長すると数字が増えるのが一般的です。

ちなみに「1.0.0」のような表記方法の場合、数字が大きく変わる程、もしくは左の数字が変わるほど「いっぱい成長しました!」の意味になります。

例えば

1.0.0 → 2.0.0

の更新であれば「もう世代が変わったって言って良いくらい進化したね!」のニュアンスでしょう。
この成長は「メジャーバージョンアップ」と呼ばれることが多いです。

1.0.0 → 1.1.0

であれば「基礎部分は同じだけど普通に進化したよー」くらいでしょうか。
この成長は「マイナーバージョンアップ」と呼ばれることが多いです。


1.0.0 → 1.0.1

であれば「ちょっと。ほんと取るに足らないちょっとしたところ変えたから」くらいのニュアンスだと思います。
バグフィックス」と呼ばれる成長が当てはまる場合が多いです。

注意点として「どんな変更をしたらどの数字を上げるか」「どの変更をメジャーバージョンアップ( or マイナーバージョンアップ or バグフィックス)と呼ぶか」に決まりはありません。
作る人のローカルルール、もしくは気分次第です。

バージョンの数字にも決まりはありません。
100でも1000でも好きにつけられます。
一般的には完成時点のバージョンを「1.0.0」にするのが普通ですけどね。
それ以前は「0.9.0」のように左端が0です。
未成年のうちは「0.X.X」で、それが成長するごとに数字が増えていって成人したら「1.0.0」になるイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バージョン」って単語が出てきたら「そいつの年齢みたいなものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク