[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

下位互換

pointこの用語のポイント

point置き換えて使えるかだよ

pointランクが下の奴で使えるかを示しているよ

point「前方互換」や「後方互換」の意図で使う人もいるから気を付けてね

スポンサーリンク

簡単に書くよ

下位互換とは

「これ、古い奴でも使えるの?」のこと。(嘘)
本当は

「これ、今よりグレードが低い奴でも使えるの?」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ランクが下のものでも使えるかを示すのが「下位互換」です。
互換性と同じく「ある」と言えば「使える」、「ない」と言えば「使えない」の意味になります。

よく「古いバージョンでも使えるか?」の意味で「下位互換」が使われますが、本来は「もっと性能が良くない物(グレードの低い物)」が「下位」に当たります。
例えば「ピヨピヨソフト バージョン1.0 『プレミアム』」で入力したデータが「ピヨピヨソフト バージョン1.0 『ベーシック』」で使えるかどうかが「下位互換」です。

ただ普通は古いバージョンの方が性能が悪いですからね。
「ピヨピヨソフト 『バージョン2.0』 ベーシック」で入力したデータが「ピヨピヨソフト 『バージョン1.0』 ベーシック」で使えるかどうかを示す場合にも「下位互換」を使う場合が多いようです。

本来「これ、古い奴でも使えるの?」用には「前方互換」という言葉があります。
また「後方互換」のつもりで「下位互換」と言う人もいます。
ややこしいですね。

全体を整理すると、対象となっている物を基準として

・本来の環境よりランクが上→上位互換
・本来の環境よりランクが下→下位互換
・本来の環境より新しい(新しい奴)→後方互換
・本来の環境より古い(昔の奴)→前方互換


が本来の姿です。

下位互換

ただし世の中には

・本来の環境よりランクが上→上位互換
・本来の環境よりランクが下→下位互換
・本来の環境より新しい(新しい奴)→上位互換
・本来の環境より古い(昔の奴)→下位互換


と呼ぶ人もいます。
後方互換を「上位互換」と、前方互換を「下位互換」と呼んでいますね。

下位互換2

さらに一部の人は

・本来の環境よりランクが上→上位互換
・本来の環境よりランクが下→下位互換
・本来の環境より新しい(新しい奴)→下位互換
・本来の環境より古い(昔の奴)→上位互換


と呼ぶようです。
さっきと逆で、後方互換を「下位互換」と、前方互換を「上位互換」と呼んでいます。

下位互換3

紛らわしいですね。
本来の意味よりも、言った当人がどのような意図で使っているかに注目してあげてください。
その方がトラブルは起こらないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「下位互換」って単語が出てきたら「ランクが下(古い)ので使えるかを示しているんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク