[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ペビバイト (PiB)

pointこの用語のポイント

point単位だよ

point2の50乗バイトを表すよ

point2進数の世界で生きるコンピュータさんにとっての「ペタバイト(PB)」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ペビバイト (PiB)とは

2の50乗バイトを表す単位のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

理屈は「キビバイト(KiB)」と同じです。

人間様の世界では10進数が普通ですが、コンピュータさんの世界は2進数が普通です。

PiB

そのため人間様のイメージする「キロバイト」とコンピュータさんのイメージする「キロバイト」には差が出てくるのです。

人間のイメージ → 1KB = 1,000Byte(10の3乗)
コンピュータのイメージ → 1KB = 1,024Byte(2の10乗)


な感じですね。

PiB2

同じ単位で中身が違うのはあまりよろしくありません。
そこでコンピュータさんのイメージする「キロバイト」に新しく「キビバイト(KiB)」という単位を割り当て

人間のイメージ → 1KB = 1,000Byte
コンピュータのイメージ → 1KiB = 1,024Byte


と区別できるようにしました。

これの「ペタバイト(PB)」バージョンが「ペビバイト(PiB)」です。

人間のイメージ → 1PB = 1,000,000,000,000,000Byte(10の15乗)
コンピュータのイメージ → 1PiB = 1,125,899,906,842,624Byte(2の50乗)


となります。
あまり普及していないのが現状ですけどね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PiB」って単語が出てきたら「2の50乗バイトを表す単位で、キビバイト(KiB)のペタ版なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク