[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

New演算子

pointこの用語のポイント

pointプログラミングで出てくる演算子だよ

pointクラスからインスタンスを作成する際に使うよ

pointオブジェクト指向プログラミング言語で登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

New演算子とは

実体化する魔法の呪文のこと。
もう少し真面目に書くと

オブジェクト指向プログラミング言語でクラスからインスタンスを作成する際に使う演算子のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

オブジェクト指向プログラミング言語」は「『モノ』に注目した設計がしやすいように調整されたプログラミング言語」です。
このオブジェクト指向プログラミング言語では「クラス」と呼ばれる設計図から「インスタンス」と呼ばれる実体を作って処理を行います。

ニュアンスがちょっと違うのですが「クラス」が「霊体」で「インスタンス」が「実体(肉体)」だと考えると分かりやすいと思います。
「あいつ、ムカつくな~」と思っても霊体では殴れませんよね?
生身の身体があってはじめてぶん殴れます。
そこで処理においてぶん殴りたいときは霊体(クラス)を実体(インスタンス)化してからぶん殴るのです。

この霊体(クラス)を実体(インスタンス)にする呪文が「New演算子」です。

書き方は

obj = new ClassA();



obj = String.new(str);

といったところでしょうかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「New演算子」って単語が出てきたら「インスタンス(実体)を作る奴なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク