[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フラッシュメモリ (flash memory)

pointこの用語のポイント

pointメモリだよ

pointデータを入れておけるよ

pointハードディスクっぽく使えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フラッシュメモリ (flash memory)とは

ハードディスクっぽく使えるメモリのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

書いたり読んだりできて、電源を切っても中身が消えないメモリが「フラッシュメモリ」です。
つまりデータを保管しておけるメモリです。

ハードディスクとの違いはいくつかありますが

・フラッシュメモリの方が振動に強い
・ハードディスクの方が容量当たりの価格が安い

が大きな特徴でしょうか。
ハードディスクは中にぐるぐる動いている部品がありますが、フラッシュメモリにはありません。
そのため、ハードディスクは振動があると動いている部品がビックリしちゃいますが、フラッシュメモリは大丈夫なのです。

一方、価格は(2013年現在では)ハードディスクに軍配があがります。
無視できないくらいの価格差がありますよ。

今後の技術革新によって変わっていくとは思いますが、2013年6月時点ではそんな感じです。

あんまり持ち運びしないけどデータをたくさん入れたいのであればハードディスク、容量に満足できてちょこちょこ持ち運びしたいならフラッシュメモリってな選び方ですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フラッシュメモリ」って単語が出てきたら「ハードディスクもどきなメモリなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク