[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

規格

pointこの用語のポイント

point基準だよ

point「皆でこんな感じにしようぜ~」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

規格とは

「皆でこんな感じにしようぜ~」な基準のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

皆が皆、好き勝手に作ると困ったことになる場合があります。
そこで好き勝手に作ったらヤバそうなところは「皆でこんな感じにしようぜ~」とあらかじめ基準が決められているのです。
この基準のことを「規格」と言います。

例えば鉛筆を考えてみてください。
A社の鉛筆とB社の鉛筆で太さが違ったら鉛筆削りを作る人が大変ですよね。
そこで「鉛筆の太さは大体こんくらいね」とあらかじめ基準を決めておきます。
これで鉛筆削りを作る人は「大体こんくらい」に合わせて作れば良くなりました。
めでたしめでたし。

このようにある程度標準化しておかないとマズい部分を標準化するために設けられている基準が「規格」です。

ちなみに似て非なる言葉に「規約」があります。
「規格」と「規約」の違いは、「規格」を「基準」に、「規約」を「規則」に頭の中で置き換えると分かりやすいと思います。
「規格(基準)」は守らないと「認めてもらえない」だけなのに対し「規約(規則)」は守らないと「怒られる」のです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「規格」って単語が出てきたら「『皆でこんな感じにしようぜ』な基準なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク