[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

QRコード

pointこの用語のポイント

pointバーコードの仲間だよ

point縦の縞々と横の縞々を組み合わせて情報を表現しているよ

point見た目は正方形だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

QRコードとは

バーコードの進化版
であり

縦の縞々と横の縞々を組み合わせて情報を表現したもの(のひとつ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

バーコード
1次元コード
2次元コード


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

バーコードは「黒と白の縞々で数字や文字などの情報を表現したもの」です。
見た目は長方形になっていることが多いはずです。
みなさんが一番馴染みがあるバーコードは、レジでピッ!ってやるアレでしょう。

QRコード

バーコードは「1次元コード」とも呼ばれます。
「バーコード」と「1次元コード」は同じ意味の用語だと解釈してください。

QRコード2

バーコードは横方向に情報を記録していきます。
方向としては1つです。
線です。
1次元です。

QRコード3

だからバーコードを「1次元コード」と呼んだりします。

2次元コードは「縦の縞々と横の縞々を組み合わせて情報を表現したもの」です。
バーコードの進化版ですね。
見た目は正方形が多いと思います。

QRコード4

バーコードが横方向に情報を記録していくのに対し、2次元コードは縦と横に情報を記録します。
方向としては2つです。
平面です。
2次元です。

QRコード5

だから「2次元」コードです。

以上を踏まえて、2次元コードのひとつが「QRコード」です。

「2次元コード」と呼ばれるものは、いくつかあります。
その中のひとつがQRコードです。
見た目は四角で中に変な模様が書いてあります。

QRコード6

QRコードはデンソーさんが開発して、あれやこれやがうんちゃらかんちゃらです。
具体的なことは他のところで勉強してください。
取りあえず

バーコードの仲間

とさえ覚えておけば、困ることは少ないと思います。

バーコードは縞々で情報を表現しています。
QRコードは模様で情報を表現しています。

バーコードは読み取り機でピッ!ってやって情報を読み取ります。
QRコードも読み取り機でピッ!ってやって情報を読み取ります。

同じですよね。

バーコードとQRコードの違いは

1.記録できる情報の種類
2.記録できる情報の量
3.記録や読み取りのやり方


です。
使い道自体は似たようなものです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「QRコード」って単語が出てきたら「バーコードの仲間なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク