[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バックグラウンド処理 (background processing)

pointこの用語のポイント

point処理だよ

point人間様の見えないところでお仕事しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バックグラウンド処理 (background processing)とは

使っている人からは見えない所でやっている処理のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

バックグラウンド」は「コンピュータを使っている人からは見えない所」です。
この「バックグラウンド」でやっている処理を「バックグラウンド処理」と言います。

そのまんまですね。

画面を舞台だと考えると分かりやすいと思います。
要は舞台裏でやっている処理です。

ExcelさんとかWordさんが画面上で華やかに動いているときも、舞台裏では色んな人が動き回っています。

照明さんや音声さんのような人もいればウィルスセキュリティソフトさんのような警備員さんもいます。
そのような裏方さん達がやっているお仕事が「バックグラウンド処理」です。

例えばそうですね。
ソフトを使っていると「最新版があります。アップデートしますか?」と訊かれることがありますよね。
あれは、みなさんの目に見えない所で「新しいソフトあるかな~」とチェックに行っているのです。
そしてもし新しいのがあれば教えてくれています。
このときの「新しいソフトあるかな~」チェックがバックグラウンド処理です。

あるいはそうですね。
プリンタさんが作った資料を印刷しているとします。
そこにExcelさんがやってきて、こう言いました。

おいおい、ここは今から俺が使うんだよ。そんな地味な仕事は裏でやってろや。

Excelさんのやろー、横暴な奴ですね。
でも観客はExcelさんの方に興味があるようです。誰も印刷してるところなんて見たくありません。
ションボリなプリンタさんは涙目になりつつも舞台裏に引っ込んで印刷処理を続けました。
舞台上ではExcelさんが踊っています。
このように「邪魔だから舞台裏でやってろ」になっちゃった処理も「バックグラウンド処理」と言います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バックグラウンド処理」って単語が出てきたら「舞台裏でやってるお仕事のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク