[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロセスID (PID)

pointこの用語のポイント

pointプロセスに割り振られた管理用の番号だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロセスID (PID)とは

プロセスに配られるゼッケンのこと。
もう少し教科書的に書くと

それぞれのプロセスに割り当てられた管理用の番号のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」ね。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

プロセスID(PID)

プロセスは、生まれた瞬間に番号が割り当てられます。

プロセスID(PID)2

以降は、その番号で呼ばれます。
名前なんて呼んでもらえません。
「おい!100番!」や「200番!動け!」のように番号で指示されるのです。

プロセスID(PID)3

このプロセスに割り振られる管理用の番号が「プロセスID」です。
Process ID(プロセス・アイディー)」を省略して「PID」と表現される場合もあります。

プロセスID(PID)4

よく分からない人は、マラソン大会のゼッケンみたいなものだと思ってください。
あれの目的も参加者の識別ですよね。

識別できれば目的達成なので、同じ人でも違う番号が振られることがあります。
また欠席した人(メモリ上に乗ってないプログラム)には振られません。
一部の偉い人には常に同じ番号が振られます。

役割は、それと同じです。
プロセスを識別するための番号がプロセスIDです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロセスID(PID)」って単語が出てきたら「プロセスに割り振られた管理用の番号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク