[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロセス (process)

pointこの用語のポイント

pointなんかやってるプログラムだよ

pointメモリを使ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロセス (process)とは

作業机の上に乗っかっているモノひとつひとつのこと
と書くと適当過ぎですね。

メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつのこと
です。
よく分からなければ

実行中のプログラム
と解釈しても、かまいません。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

メモリは「パソコンさんが作業するときに使う机」ね。

プロセス

パソコンさんがお仕事をするときには、メモリの上に仕事道具を広げます。

例えば、ピヨ太君がパソコン上でExcelWordを使ったとしましょう。

プロセス2

このとき、ExcelとWordがメモリ上に置かれます。
作業机の上にExcelとWordを広げるイメージです。

プロセス3

この話における、作業机の上に広げているExcelやWordそれぞれが「プロセス」です。

プロセス4

よく分からない人は、単純に「実行中のプログラム」と解釈しても、かまいません。
プログラムを実行する際には、まず動かすプログラムをメモリ上に乗せます。
作業机の上に広げるのです。
この実行中のプログラムひとつひとつがプロセスです。

何となくイメージが湧きましたでしょうか?

それでは、ここで問題です。

作業机の上にExcelが1つ、Wordが2つ乗っています。
作業机の上には、何個のプロセスが乗っているでしょうか?

プロセス5

正解は「3個」です。
同じWordさんでも2つ乗っていれば別々に数えます。

プロセス6

プロセスは「作業机の上に乗っかっているモノ『ひとつひとつ』」なのです。
例え同じ種類のプログラムであっても、2つあれば別で数えます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロセス」って単語が出てきたら「なんかやってるプログラムひとつひとつのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク