[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

回線

pointこの用語のポイント

pointデータの通り道だよ

point通信するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

回線とは

「通信回線」のこと。
つまり

通信するときに使う、データの通り道のこと
です。
あるいは

電話回線か光回線のこと
を指す場合もあります。

image piyo

詳しく書くよ

通信は「情報を伝えること」ね。
通信をするときに使うデータの通り道を「通信回線」と言います。

回線

そして、通信回線の省略表現が「回線」です。
データが線の中をぐるぐる回るから「回線」と言います。
というのは、今思いついた創作です。
本当の由来は知りません。ごめんなさい。

あるいは、通信回線の中でも特に電話回線や光回線などを指して「回線」と表現する場合もあります。

通信回線は、通信するときに使うデータの通り道です。
LANケーブルでつながっていても通信回線です。
ですが「回線」と聞いてLANケーブルは、あまりイメージしませんよね?
一般的には、電話回線か光回線を想像するのではないでしょうか。
そのため、通信回線の中でも特に電話回線や光回線などを意図して「回線」と言う人もいます。

例えば「回線速度」という用語があります。
この回線速度の「回線」を通信回線と捉えれば、回線速度は通信速度と同じ意味になるでしょう。
電話回線や光回線と捉えれば、インターネットをするときのスピードと解釈できます。

細かいニュアンスの違いですけどね。
一応、意識しておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「回線」って単語が出てきたら「通信回線か電話回線や光回線のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク