[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ローカルホスト (localhost)

pointこの用語のポイント

pointネットワークでつながっている自分方のコンピュータのことだよ

pointもしくは「自分自身」を意味するホスト名だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ローカルホスト (localhost)とは

ネットワークでつながっているコンピュータのうち、自分の使っている方のこと。
あるいは

「自分でーす(--)ノ」を意味するホスト名のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ピヨ太君のパソコンは、ネットワークを介してピヨ子さんのパソコンとやり取りをしています。

ローカルホスト

ピヨ太君から見て、ピヨ太君自身の使っているパソコンが「ローカルホスト」です。
自分の使っているコンピュータのことですね。

ローカルホスト2

なお、ピヨ子さんの使っているパソコンは「リモートホスト」と呼びます。
ネットワークでつながっている、相手方のコンピュータのことです。

ローカルホスト3

ローカルホストとリモートホストは、相対的な言葉です。

ピヨ太君のパソコンがローカルホスト、ピヨ子さんのパソコンがリモートホストなのは、あくまでピヨ太君目線で見た場合、ピヨ太君の使っているパソコンを基準にして考えた場合です。

ローカルホスト4

これがピヨ子さん目線、ピヨ子さんの使っているパソコンを基準にして考えると逆になります。
ピヨ太君のパソコンがリモートホスト、ピヨ子さんのパソコンがローカルホストになりますよ。

ローカルホスト5

これが1つ目の意味の「ローカルホスト」です。
ネットワークでつながっている、自分方のコンピュータのことね。

次に、2つ目の意味の「ローカルホスト」について説明します。
といっても、本質的には同じですけどね。

まず予備知識として、ホスト名は「ネットワーク上でのコンピュータさんの名前」です。
コンピュータさんに「ピヨ太」や「ピヨ子」といった名前を付けることができるのです。

ローカルホスト6

名前を付けたら、ネットワーク上では付けた名前でコンピュータを指定できます。
例えば

http://ピヨ太/

と指定すると「コンピュータ『ピヨ太』にHTTPアクセスしろやー」な指示になります。
HTTPとかよく分からなければ「コンピュータ『ピヨ太』のところに遊びに行け」な指示と解釈してください。

同じように

http://ピヨ子/

と指定すれば「コンピュータ『ピヨ子』のところに遊びに行け」な指示になります。

ホスト名にはそのような役割があるのですが、このホスト名のうち「ピヨ太」や「ピヨ子」のような固有名詞ではなく「自分」を意味する名前が「ローカルホスト」です。

http://自分/

と指定することで「自分のところに遊びに行け」な指示になります。

コンピュータ「ピヨ太」で

http://自分/

を指定するのは

http://ピヨ太/

と指定するのと同じ意味です。

コンピュータ「ピヨ子」で

http://自分/

を指定した場合は

http://ピヨ子/

を指定したのと同じ結果になります。

実際には、ローカルホストを指定するか自分のホスト名を指定するかで少し違いがありますけどね。
興味のある方は調べてみてください。

なお

http://自分/

は、実際には

http://localhost/

と書きます。
「http://localhost/」にアクセスすると、私の場合は私の今使っているコンピュータに、あなたの場合はあなたの今使っているコンピュータに遊びに行こうとしますよ。

ローカルホストはあくまで「自分自身」を意味するホスト名なので、ご注意くださいね。
あなたのコンピュータに遊びに来てもらおうとして「ちょっと『http://localhost/』にアクセスしてよ」とか言ってはいけません。
相手にとっての「自分自身」(つまりは相手のコンピュータ)に遊びに行ってしまいます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ローカルホスト」って単語が出てきたら「ネットワークでつながっているコンピュータのうち自分方のコンピュータ、もしくは自分を指すホスト名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク