[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デーモン (daemon)

pointこの用語のポイント

pointUNIX系のOSで登場するよ

point常駐ソフトだよ

pointメモリ上でお仕事が来るのを待ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デーモン (daemon)とは

メモリ上で「さぁ、いつでもかかってこい」と待機している常駐プログラムのUNIX系OSにおける呼び名
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトね。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

デーモン

OSにはいくつかの種類があります。
WindowsMacLinuxなどです。
パソコンさんにWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

デーモン2

あとは「常駐プログラム」についても説明しておきましょう。
常駐プログラムは「いつでもお仕事できるようにスタンバってたり、(人の見えないとこで)常にお仕事をしているプログラム」です。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。
メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。

デーモン3

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて「UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)における常駐プログラムの呼び名」が「デーモン」です。

Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」だと考えて構いません。
メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻るやつです。

ちなみに、デーモンさんは「バックグラウンドプロセスとして働くプログラム」と説明されていることもあります。
バックグラウンドプロセスは「コンピュータさん世界における裏の世界でお仕事をしているプログラム」です。

デーモン4

デーモンさんは、基本的にみなさんの目に触れないところでお仕事をします。
不言実行でこっそり頑張っているやつなのです。

「デーモン」という響きでよく誤解をされますが「悪魔(demon)」ではなく「守護神(daemon)」です。
良いやつなので勘違いしないでくださいね。

デーモンさんの名前には、最後に「d」を付けるのが慣例になっています。
httpdftpdsyslogdなど、後ろに「d」が付いていたらデーモンと考えて構いません。

みなさんが一番なじみ深いデーモンさんは「メーラーデーモン」さんではないでしょうか。
存在しないメールアドレス宛てにメールを送ってしまうと「そんなアドレスねーよ!」って送り返してくれるやつがいますよね。
「MAILER-DAEMON」とかいう名前で、英語の文章を送りつけてくるやつです。

あれはメーラーデーモンさんが一旦メールを受け付けて、配ろうとしたけど配る相手がいなかったので差出人に「ごめん、いなかった」と教えてくれているのです。
別にあなたを混乱させたいわけではありません。
「きみ、間違ってない?」と教えてくれる優しいやつなのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デーモン」って単語が出てきたら「UNIX系OSの常駐プログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク