[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

UDP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

point速度重視だよ

point「ちょっとくらい無くなっても大丈夫だよね?」な状況で使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

UDPとは

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

「スピード重視で会話のキャッチボールをしましょう」な通信のやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「通信プロトコルプロトコル)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

通信をするときには、足並みを揃える必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

UDP

そこで「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
言い方を変えると

通信をするときには、お約束事が必要

なのです。

この「通信するときに使うお約束事」を「通信プロトコルプロトコル)」と言います。

以上を踏まえて、いろいろある通信プロトコルのひとつが「UDP」です。

UDPは、ざっくり書くと

送ったデータが相手に届いたか確認しないで通信するやり方

です。
小難しい言い方では

OSI参照モデルトランスポート層にあたるプロトコルでインターネット等で利用される。転送速度は高いが信頼性が低いという特徴がある

といった説明がよくなされます。

ポイントは

転送速度は高いが信頼性が低いという特徴がある

です。
UDPはスピード重視で通信したいときに使います。

UDPを使った通信では、送り手がデータをぽいっと送ったら、間髪入れずに次のデータをぽいっと送ります。
相手が受け取ろうと受け取るまいと知ったことではありません。

確認なしで送りつけるので

1.ちゃんと届くかは微妙
2.スピードは早い


といった特徴があります。

UDPは相手の反応を気にしないでマシンガントークでガンガン悪口を言うイメージです。

UDP2

これがUDPです。

UDPは、信頼性に微妙に難ありです。
そのため

でもさ~、データがなくなったら困るじゃん?いくら早くても、ちゃんと届くか分からないなら使うの怖くない?

と思う人がいるかもしれません。

でも大丈夫です。

UDPは、例えば音楽のストリーミング配信やプリンタに対して印刷データを送るときのように「ちょっとくらいデータが欠けても大丈夫だよね?」な状況で使われます。

少しくらい音が飛んだところで、人間の耳では判別できないでしょう。
針の先くらいの範囲の色が塗られなくても気付きません。
それよりも大量のデータが速やかに相手に届く方が重要なはずです。

そのように「質より量」が求められるときにUDPは使われます。

ちなみに、UDPと比較されがちなやつに「TCP」があります。
TCPは送った内容が相手に届いたか確認しながらやり取りするやり方です。

相手の言ったことを復唱しながら罵り合うイメージです。

UDP3

せっかくなので併せて覚えてあげてください。

UDP:スピード重視、確認を取らないで送る
TCP:安全性重視、確認を取りながら送る


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「UDP」って単語が出てきたら「通信する上でのお約束事のひとつで、スピード重視でやり取りするやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク