「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるWindowsコマンド辞典

clip

何するコマンド?

クリップボードに値を設定したり、逆にクリップボードの値を読み込むときに使うコマンド



書き方

clip [あれこれ]



オプション

ありません。


補足事項

まずは予備知識です。
「クリップボード」の意味を理解してください。

クリップボードは「パソコンさんがこっそり使っている黒板」です。

例えば、ピヨ太君がパソコン上で、文字コピーしたとしましょう。
このとき、パソコンさんには「ちょっと、この文字を覚えておいて」と指示が出ます。

clip

ですが、パソコンさんは忘れっぽいので、覚えておけるか不安です。

clip2

そこで、ピヨ太君には見えないところに黒板を用意して、こっそりメモっておくことにしました。

clip3

ピヨ太君は、さっきコピーした文字を貼り付けました。
このとき、パソコンさんには「さっき覚えてもらった文字を教えて」と指示が出ます。

clip4

でも、大丈夫です。
パソコンさんは黒板をチラ見して「こんな文字だったよ」と返事します。

clip5

今の話におけるパソコンさんが使っている黒板が「クリップボード」です。

あとは「clip」コマンドの使い方ですね。

例えば

clip > hoge.txt

と書くと、クリップボードの中身が「hoge.txtファイル出力されます。
黒板に書いてある内容が「hoge.txt」ファイルに書き写されるのです。

「>」の開きを逆にして

clip < hoge.txt

と書くと「hoge.txt」ファイルの中身がクリップボードに設定されます。
今度は「hoge.txt」ファイルの中身が黒板に書き写されました。

あとは

dir | clip

のように

[何かのコマンド] | clip

を実行すると[何かのコマンド]の実行結果が、クリップボードにコピーされます。

「clip」コマンドの使い方としては、それくらいです。

最後に注意点です。

「clip」コマンドはWindows XP以前には入っていません。
既にサポートが切れたのでWindows XPを使っている人も少ないとは思いますが、一応、覚えておいてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク