「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるWindowsコマンド辞典

chkdsk

何するコマンド?

チェックディスクを実行するときに使うコマンド。



書き方

chkdsk [対象の場所] [オプション]



オプション

オプション説明
/F見つかったおかしなところを頑張って直す。(ディスクエラーを修復します。)
/V「FAT/FAT32: ディスクの全ファイルの完全なパスと名前を表示します。」らしい
/R「/F」を指定したときよりも、もっと頑張る。(不良セクターを見つけて、読み取り可能な情報を回復します。)ちなみに、このオプションを指定すると「/F」も指定したことになる
/L:【サイズ】ログファイルのサイズを指定された値に変更する。サイズが指定されていない場合は、現在の値を表示する
/X「必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウント解除します。ボリュームに対して開かれているすべてのハンドルは、無効になります (/F も暗黙的に指定されます)。」らしい
/I「NTFS のみ: インデックス エントリのチェックを抑制して実行します。」らしい
/C「NTFS のみ: フォルダー構造内の周期的なチェックをスキップします。」らしい
/B「/R」を指定したときよりも、もっと頑張る。(NTFS のみ: ボリューム上の不良クラスターを再評価します)ちなみに、このオプションを指定すると「/R」と「/F」も指定したことになる

補足事項

チェックディスクは「ハードディスク内の(ソフト的に)おかしいところを探して出来るだけ直してくれる、Windowsの機能」ね。

chkdsk

このチェックディスクをコマンドライン上から実行するときに使うコマンドが「chkdsk」コマンドです。

オプションについては、あまり気にする必要はありません。
「/F」オプションだけ覚えておけば、ほぼ事足ります。

例えば「Cドライブにおかしいところが無いか調べたいな~」なときは、オプションを何も指定しないで

chkdsk C:

を実行します。
「Cドライブにおかしいところが無いか調べて、おかしいところがあったら直して欲しいな~」なときは「/F」オプションを指定して

chkdsk /F

を実行します。

「/R」「/B」オプションは「/F」オプションよりも頑張ってくれるオプションです。
「/R」オプションは「/F」オプションよりも気合を入れて作業してくれます。
「/B」オプションは「/R」オプションよりも気合を入れて作業してくれます。
ただし、気合を入れて作業をしてくれるということは、それだけ時間もかかるということです。
個人的にチェックディスクは気休めだと思っているので「/F」オプションの指定で十分だと考えています。

また「chkdsk」は管理者権限で実行する必要があります。
普通の人権限で実行しようとすると、例えば

十分な特権がないので、アクセスは拒否されました。
管理者特権モードで実行しているこのユーティリティを呼び出す必要があります。


のようなメッセージが出て怒られるので、ご注意ください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク