「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるWindowsコマンド辞典

color

何するコマンド?

コマンドプロンプトの色を変えるときに使うコマンド。



書き方

color [属性]



オプション

ありません。


補足事項

コマンドプロンプト」は「Windowsにくっついている黒い画面」ね。最初は黒い背景色で白の文字色になっています。このコマンドプロンプトの色を変更するときに使うコマンドが「color」コマンドです。

[属性]は色に対応した16進数を背景色、文字色の順に並べて指定します。
例えば

color 80

を実行すると、背景色が「8」に対応した「灰色」で、文字色が「0」に対応した「黒」になります。
数字と色の対応は以下の通りです。


数字
0
1
2
3水色
4
5
6黄色
7
8灰色
9明るい青
A明るい緑
B明るい水色
C明るい赤
D明るい紫
E明るい黄色
F輝く白

この数字の組み合わせで色を指定しますが、背景色と文字色を同じ色にすることはできません。
例えば

color 00

と実行しても、無視されて何も変わりませんよ。

数字を1桁だけ指定した場合は文字色を指定した扱いになり、背景色は黒になります。
例えば

color 1

を実行すると、背景色が黒、文字色が1に対応した青になります。

また、色を指定しないで

color

と実行すると、変更前の色に戻ります。「やっべ~、なんかすっごい見難い色になっちゃったんだけど~(×_×)」なときの強い味方ですね。

変な指定、例えば

color 123

のように3桁以上の数字で指定したり

color hoge

のように適当な文字を指定すると、ヘルプが表示されます。「おまえ、指定間違ってるから」と怒っているのでしょう。

大事な注意点として「color」コマンドで変更した色は、その画面でのみ有効です。新しく起動したコマンドプロンプトは最初の色に戻っているのでご注意ください。新しい色を保存したい場合は「color」コマンドを使いません。コマンドプロンプト画面の上部の「コマンド プロンプト」と書いてあるところで右クリックして「プロパティ」を選択し「画面の色」のところで設定する必要があります。

つまり「color」コマンドはあまり役に立たないコマンドってことですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク