「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるWindowsコマンド辞典

assoc

何するコマンド?

ファイルの拡張子に対して、ファイルタイプの関連付けを行うときに使うコマンド。



書き方

assoc

もしくは

assoc [拡張子]

もしくは

assoc [拡張子]=[ファイルタイプ]



オプション

ありません。


補足事項

ファイルタイプって何じゃらほい?」な方もいらっしゃると思いますので、コマンドの説明をする前に、いくつか予備知識の説明をさせてくださいね。

まずパソコンさんでは「そのファイルダブルクリックしたらどのソフトで開きますか~」というのを事前に設定しておけます。これを専門用語で「関連付け」と言います。

そして、この関連付けの仕組みを理解するときには「拡張子」「ファイルタイプ」「起動するプログラム」という3人の人物(?)が登場します。

それぞれ見ていきましょう。

「拡張子」は「ファイル名にくっついているファイルの種類を表す目印」です。例えば「hoge.txt」というファイルがあるとしたら「.txt」の部分ですね。

「ファイルタイプ」はざっくり言えば「ファイルの種類」です。拡張子が「.txt」のファイルの種類は「テキストファイル」だとしましょう。本当は英語で「txtfile」なのですが、横文字が苦手なので「テキストファイル」ということにしておいてください。

最後に「起動するプログラム」はそのまんま、ファイルをダブルクリックしたときに動くソフトです。テキストファイルをダブルクリックしたときに動くソフトは「メモ帳」ということにしましょう。本当は英語で「NOTEPAD.EXE」と言った方が正解なのですが、やっぱり横文字が苦手なので「メモ帳」ということにして話を進めます。

さて、これで登場人物は揃いました。いよいよ関連付けのお話です。

実はファイルの関連付けを行う際には、ファイルの拡張子に対してファイルタイプを関連付ける、ファイルタイプに対して起動プログラムを関連付けるという2段階のステップが必要なのです。さっき書いた例で言えば「拡張子が『.txt』のファイルはファイルタイプが『テキストファイル』です」な設定と「ファイルタイプが『テキストファイル』のファイルはプログラム『メモ帳』で動かします」な設定の2つが揃うことで「拡張子が『.txt』のファイルをダブルクリックすると『メモ帳』が起動する」な動きになります。

これがファイルの関連付けの仕組みです。「拡張子→起動プログラム」ではなく「拡張子→ファイルタイプ→起動プログラム」なのです。

さぁ、予備知識の説明が長くなりましたが、いよいよこのページの本題です。「assoc」コマンドの話に入ります。

先程、2つの設定「拡張子に対するファイルタイプの関連付け」と「ファイルタイプに対する起動プログラムの関連付け」についてお話しました。このうち「拡張子に対するファイルタイプの関連付け」を行うコマンドが「assoc」コマンドです。「拡張子が『.txt』のファイルはファイルタイプが『テキストファイル』です」の方の設定ね。
ちなみに「ファイルタイプが『テキストファイル』のファイルはプログラム『メモ帳』で動かします」の方の設定は「ftype」というコマンドで行えます。

「assoc」コマンドにはオプションがありません。
何も指定しないで

assoc

と打てば、拡張子とファイルタイプのすべての関連付けが、ずらずらっと表示されます。
拡張子だけを指定して

assoc [拡張子]

と打てば、指定した拡張子と関連付けられているファイルタイプが表示されます。
表示では無く設定をしたい場合は

assoc [拡張子]=[ファイルタイプ]

と打つことで、拡張子とファイルタイプの関連付けを行えます。これが一番メインの使い方ですね。

先程も軽く触れましたが「assoc」コマンドはそれ単体で完結するコマンドではありません。「assoc」コマンドで拡張子とファイルタイプを関連付けたら「ftype」コマンドでファイルタイプと起動プログラムを関連付けてあげてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク