「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるWindowsコマンド辞典

copy

何するコマンド?

ファイルをコピーするときに使うコマンド。



書き方

copy [コピー元オプション] [対象のファイル] [コピー先の場所と名前] [コピー先オプション]



オプション

オプション説明
/Aテキストファイルとしてコピーする
/Bバイナリファイルとしてコピーする
/D暗号化されたファイルをコピーした場合、暗号化を解除する
/Lシンボリックリンク(※1)をコピーする。※1:「シンボリックリンク」はWindowsではWindows Vista以降サポートされた概念です。「ショートカット」とは違うのでご注意ください
/Nコピー元のファイル名が長い場合は短くする
/Vコピーしたファイルの中身をちゃんとコピーできたかチェックする
/Y上書きして良い?」って訊いてこない
/-Y「上書きして良い?」って訊いてくれる
/Zネットワーク越しのコピーでブチっと切れた場合、コピーを再開できるようにする

コピー元とコピー先でそれぞれオプションを指定できます。コピー元で指定できるオプションは全部のオプション、コピー先で指定できるオプションは「/A」もしくは「/B」です。


補足事項

UNIX系(LinuxとかMacとか)の「cp」と用途は一緒です。

対象を指定しないで

copy [オプション]

もしくは

copy [オプション] [対象 or コピー先片方]

と打った場合、怒られます。

また「copy」コマンドではフォルダは期待通りにコピーできないのでご注意ください。
フォルダをコピーしたい場合は「xcopy」コマンドを使用します。

というか「xcopy」コマンドは「copy」コマンドのパワーアップ版です。
特別な事情が無い限りは「copy」コマンドではなく「xcopy」コマンドを使った方が便利だと思います。

ただし「copy」コマンドの隠れた才能として「テキストファイルの合体」があります。

例えば

copy aaa.txt+bbb.txt+ccc.txt ddd.txt

を実行すると「aaa.txt」「bbb.txt」「ccc.txt」の中身が一つにあわさったファイル「ddd.txt」が作成されるのです。
言わば「copy」コマンドさんの副業ですかね。
この用途では「copy」コマンドさんもたまに使います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク