通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典【簡易表示】

プロキシ (proxy)

pointこの用語のポイント

pointWebブラウザの身代わりをするよ


プロキシ (proxy)とは

恥ずかしがり屋なWebブラウザさん用代理交渉人のこと。

もう少し真面目に書くと

Webブラウザさんの身代わりになってホームページにアクセスしてくれるサーバさんのこと

です。
image piyo
順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Webブラウザ」と「サーバ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Webブラウザは「ホームページを見るときに使うソフト」です。
Internet ExplorerGoogle Chromeなど、Webブラウザに分類されるソフトは、いろいろあります。

プロキシ

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

プロキシ2

「プロキシ」という単語自体の意味は「代理」だそうです。
「代わりになってくれるやつ」程度に解釈してください。

以上を踏まえて「Webブラウザさんの代理として、あれこれやってくれるサーバ」が「プロキシ」です。

プロクシ」や「プロキシサーバ」あるいは「プロクシサーバ」などと呼ばれることもあります。
すべて同じ意味の用語です。

また「キシ」と「クシ」の使い分けは特にありません。
日本語訳するときに「proxy」の「xy」を「キシ」と読んだか「クシ」と読んだかの違いだけでしょう。

「サーバ」が付くか付かないかで若干ニュアンスが変わる場合もありますが、基本的には気にする必要はありません。
「プロキシ」も「プロキシサーバ」も、ほぼ同じ意味の用語です。

ざっとした説明は、そんなところです。

それでは次に、プロキシの仕組みを順番に見ていきましょう。

あなたがホームページを見るとき、まずWebブラウザさんからWebサーバさんに「このページをおくれ」とお願いを出します。

プロキシ3

それに対してWebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

プロキシ4

あとはWebブラウザさんがお返事を画面上に表示することで、あなたはホームページを見ることができています。

つまりホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「このページおくれ」→Webサーバ
2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ


となります。

この流れにプロキシが混ざる場合を見てみましょう。

Webブラウザさんは、まずプロキシサーバさんに対して「あのページを貰ってきておくれ」というお願いを出します。

プロキシ5

次に、プロキシサーバさんがWebブラウザさんの代わりに「このページをおくれ」なお願いをWebサーバさんにします。

プロキシ6

お願いを受け取ったWebサーバさんは、プロキシサーバさんに対して「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

プロキシ7

お返事を受け取ったプロキサーバさんは、Webブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

プロキシ8

これがプロキシさんが混ざった場合の流れです。

ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「俺の代わりにこのページ貰ってきておくれ」→プロキシサーバ
2.プロキシサーバ→「このページおくれ」→Webサーバ
3.プロキシサーバ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ
4.Webブラウザ←「ほれ、貰ってきたページだよ」←プロキシサーバ


になります。

プロキシ9

「ページをおくれ」とお願いする側を「クライアント」、「ほれ、そのページだよ」とお返事をする側を「サーバ」と呼びますが「Webブラウザ+プロキシサーバ」で1つのクライアントなイメージです。
よく分からなければ、Webブラウザさんのパシリがプロキシさんだと、お考えください。

プロキシ10

プロキシを使うメリットは

(1).身元を隠せる
(2).場合によってはホームページへのアクセスが速くなる


でしょうか。

(1)のメリットは簡単ですね。
恥ずかしがり屋なあなたの代わりにプロキシサーバさんがホームページを貰ってくるので、相手と顔を合わせるのはプロキシサーバさんです。
あなたの正体は相手には分かりません。

(2)のメリットは「キャッシュ」というのが絡んできます。
プロキシサーバさんに「俺の代わりにこのページ貰ってきておくれ」とお願いをしたとき、プロキシサーバさんがその内容を前に見て覚えていると新しいページを貰いに行きません。
「あっ、俺そのページ覚えてるわ。こんなんだったよ。」と目の前で教えてくれます。
欲しいページが覚えているページであれば、わざわざページを貰いに行かない分だけ速くなります。

まぁ「プロキシ」って単語が出てきたら「Webブラウザさんの身代わりなんだな~」と思えばOKです。