通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典【簡易表示】

ブール値 (bool値)

pointこの用語のポイント

point真(true)か偽(false)のどちらかが入ってるよ


ブール値 (bool値)とは

「論理値」のこと。

つまり

「そうだよ!(真:true)」か「違うよ!(偽:false)」のどちらかが入ってますよ!な値のこと

です。
image piyo
※このページの説明は「論理値」の説明と、ほとんど同じです。既に「論理値」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

true
false


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

コンピュータの世界では「オン(on)/オフ(off)」の2つの状態を表現したり判定することが多々あります。
例えば「フラグ」と呼ばれるものを使うときです。

その際、一般的には、ピヨ太君が旗を上げ下げするイメージで「オン(on)/オフ(off)」を表現します。

ブール値

(シン)は、2つの状態「オン(on)/オフ(off)」のうち「オン(on)」を意図する表現です。
英語では「true(トゥルー)」と表現されます。

ブール値2

数学の世界では「条件がのとき」とか言ったりしますよね。
アレで登場する「真」と同じです。

(ギ)は、2つの状態「オン(on)/オフ(off)」のうち「オフ(off)」を意図する表現です。
英語では「false(フォルス)」と表現されます。

ブール値3

こちらも、数学の世界で「条件がのとき」とか言ったりしますよね。
アレで登場する「偽」と同じです。

「真(true)」と「偽(false)」は一緒に覚えてあげてください。
まず間違いなく、セットで登場します。

状況次第では「オン(on)/オフ(off)」ではなく「Yes/No」だったり「OK/NG」だったりするでしょうけどね。
とにかく、セットになる2つの状態です。
そのセットになる2つの状態のうち、肯定的な方を指すのが「真(true)」です。
否定的な方を指すのが「偽(false)」になります。

以上を踏まえて「真(true)」か「偽(false)」のどちらかが入ってますよ!な値が「ブール値」です。
日本語では「論理値」と表現されます。

ブール値4

別に難しく考える必要はありません。

値」であれば、中身は「0」とか「1」とか「2」とかの数字です。

ブール値5

「ブール値(論理値)」の中身は「真(true)」を意図する値か「偽(false)」を意図する値のどちらかです。

ブール値6

ただ、それだけです。

まぁ「ブール値」って単語が出てきたら「『真(true)』か『偽(false)』が入ってる値なんだな~」と思えばOKです。