通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典【簡易表示】

newする

pointこの用語のポイント

pointクラスからインスタンスを作ることだよ

point慣例的な表現だよ

pointプログラミングの話で出てくるよ


newするとは

オブジェクト指向なプログラミング言語で出てくる慣例的な表現のひとつ

であり

クラス(設計図)からインスタンス(実体)を作ること

です。
image piyo
順番に見ていきましょう。
まずは

オブジェクト指向
オブジェクト指向プログラミング言語
クラス
インスタンス
オブジェクト
New演算子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

オブジェクト指向は「『モノ』に注目した考え方」です。
「どんな奴で、どう動く」に注目した考え方です。

newする

オブジェクト指向は、それをテーマにして本を一冊書けるくらい、ふんわりとして捉えどころのないやつです。
具体的なことが知りたい人は他のところで勉強してください。

オブジェクト指向の理念に沿って作られたプログラミング言語を「オブジェクト指向プログラミング言語」と言います。
有名どころでは、Javaなんかがオブジェクト指向プログラミング言語です。

オブジェクト指向プログラミング言語では

クラス
インスタンス
オブジェクト


の3つの用語が頻繁に登場します。
この3つは、とても大事です。
ざっくりとで良いので、関係性を覚えておいてください。

専門家の人からは怒られそうですが、ものすごい大雑把に説明すると

・クラス:設計図
・インスタンス:実際に作った物
・オブジェクト:モノ(クラストとかインスタンスとかをふんわりと表現したもの)


です。

クラスは「設計図」です。
「それって、どんなもの?」を示しています。
ピヨ太君の頭の中にある「ピヨピヨ時計は、こんな感じだな」がクラスです。

newする2

インスタンスは「実際に作ったもの」です。
クラス(設計図)に書かれた「それって、どんなもの?」を形にしたものを指します。
実際に作ったピヨピヨ時計がインスタンスです。

newする3

オブジェクトは……モノですよ、モノ。
結構ざっくりとした使われ方をする用語です。
「クラスとかインスタンスをふんわりと表現したもの」くらいに解釈してください。
よく分からない人は忘れてしまって、かまいません。

newする4

クラス(設計図)からインスタンス(実際に作ったもの)を作るときに使う演算子を「New演算子」と言います。
実際のNew演算子は、例えば以下のような書き方をします。

obj = new ClassA();

obj = String.new(str);

プログラミング言語によって、多少の違いは、ありますけどね。
基本的な書き方は、そんなに変わらないはずです。

以上を踏まえて、クラス(設計図)からインスタンス(実際に作ったもの)を作る行為を指す慣例的な表現が「newする」です。
ピヨピヨ時計の設計書から実際のピヨピヨ時計を作る行為を指します。

newする5

調べたわけではありませんが、語源はNew演算子でしょう。
ググる」とかと同じノリですかね。
「New演算子を使ってインスタンスを作る」行為を何となく動詞っぽくした表現が「newする」です。

まぁ「newする」って単語が出てきたら「インスタンス(実体)を作ることなんだな~」と思えばOKです。