通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典【簡易表示】

アセスメント (assessment)

pointこの用語のポイント

point「評価」とか「査定」とか、そんな感じの意味だよ

point介護の分野だと意味が違うみたいだよ


アセスメント (assessment)とは

「評価」とか「査定」とか「診断」とか、そんな感じの意味の用語

です。
image piyo
別にIT用語というわけでもないですけどね。
横文字大好きIT業界でも、たまに登場します。
気が向いたら覚えてあげてください。

「評価」とか「査定」とか「診断」とか、そんな意味のことをカッコつけて言った表現が「アセスメント」です。
介護の分野では少し違うニュアンスで使われることもあるみたいですけどね。
ITの分野で登場した場合は、素直に「評価」と解釈してください。

アセスメント

例えば「リスクアセスメント」という用語があります。
意味は「想定されるリスクに関して、あれやこれやと考える作業」です。
リスクを「評価」する作業を指します。

あるいは「人材アセスメント」という用語もあります。
別にIT用語ではありませんけどね。
人材アセスメントの意味は「人物評価」とか「人材査定」とか、そんなニュアンスです。

あるいは、ちょっと気取った人が「○○をアセスメントして~」と言ったりもします。
意味は「○○を評価する」です。

前後の文脈によっては「査定」とか「診断」とか読み替えた方が意味が通じる場合もありますけどね。
基本的には「評価」と読み替えれば、何となくの意味はつかめると思います。

まぁ「アセスメント」って単語が出てきたら「評価することなんだな~」と思えばOKです。