通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典【簡易表示】

サブネットマスク (subnet mask)

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスのどの部分がネットワーク部で、どの部分がホスト部かを示す情報だよ

point2進数表記で「1」の部分がネットワーク部だよ

point2進数表記で「0」の部分がホスト部だよ


サブネットマスク (subnet mask)とは

IPアドレスのどこからどこまでが「どのネットワークですよ~」な情報で、どこからどこまでが「どのコンピュータですよ~」な情報かを示す情報

です。
image piyo
いくつか予備知識から見ていきましょう。

まず「サブネット」は「一つの大きなネットワークを小さいネットワークの集合体に分割した際の、それぞれの小さいネットワーク」ね。
ネットワークが会社、コンピュータが社員だとすれば部署みたいなものです。
用語に含まれている単語なので一応取りあげてみましたが、今回の説明を読む上では、あまり気にする必要はありません。
余裕があれば覚えてあげてください。

次に「IPアドレス」の説明をします。
IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」です。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

サブネットマスク

実はIPアドレスは「どのネットワークのどのコンピュータですよ~」を表現しています。

大事なことなので、もう一度言います。

IPアドレスには「どのネットワークのどのコンピュータですよ~」が書いてあります。

「どのネットワークですよ~」が書いてある部分は「ネットワーク部」と言います。
「どのコンピュータですよ~」が書いてある部分は「ホスト部」です。

サブネットマスク2

少しずつ核心に迫ってきました。

IPアドレスには「どのネットワークですよ~」という情報(ネットワーク部)と「どのコンピュータですよ~」という情報(ホスト部)が書いてあると言いました。
それでは、IPアドレスの中身の、どこからどこまでが「どのネットワークですよ~」な情報で、どこからどこまでが「どのコンピュータですよ~」な情報なのでしょうか?

それを示しているのが「サブネットマスク」です。
サブネットマスクを見ることによって「IPアドレスのここからここまでが『どのネットワークですよ~』な情報で、ここからここまでが『どのコンピュータですよ~』な情報なのね」と分かります。

サブネットマスク3

サブネットマスクの書式はIPアドレスと同じです。
例えば

255.255.255.0

のような見た目になっています。

サブネットマスク「255.255.255.0」は10進数で書かれています。
実はこのままだと分かりにくいので、2進数に直してみましょう。

サブネットマスク「255.255.255.0」を2進数に直すと

11111111.11111111.11111111.00000000

になります。

パッと見で

1.「1」が並んでいる部分
2.「0」が並んでいる部分


がありますよね。

この2つのうち

1.「1」が並んでいる部分

が「どのネットワークですよ~」を表しています。
ネットワーク部を示す情報です。

2.「0」が並んでいる部分

は「どのコンピュータですよ~」を表しています。
ホスト部を示す情報です。

ただ、それだけの話です。
簡単ですね。

例えば「192.168.0.2」というIPアドレスがあったとします。
このIPアドレスを2進数に直すと

11000000.10101000.00000000.00000010

になります。

このIPアドレスと先程のサブネットマスクを並べてみましょう。

11000000.10101000.00000000.00000010
11111111.11111111.11111111.00000000

IPアドレスとサブネットマスクを、じ~っと見比べてください。

サブネットマスクの「1」になっている部分と対応するところが、IPアドレスの「どのネットワークですよ~」を示している部分です。
IPアドレス「192.168.0.2」の場合は

11000000.10101000.00000000

の部分になります。

小難しい説明が好きな人は「IPアドレスとサブネットマスクの各ビット論理積を取ったものがネットワークアドレスである」とか言ったりしますが、要は「サブネットマスクの『1』のところを見ろ!」ってだけです。
難しく考える必要はありません。

そして残りの部分、サブネットマスクの「0」の部分に対応するところが、IPアドレスの「どのコンピュータですよ~」を示している部分です。
IPアドレス「192.168.0.2」の場合は

00000010

の部分になります。

つまり、サブネットマスクが「255.255.255.0」の場合、IPアドレス「192.168.0.2」は「11000000.10101000.00000000ネットワークの00000010コンピュータですよ~」という意味になるのです。

サブネットマスク4

これがサブネットマスクのすべてです。

最後にもう一度まとめておきます。

IPアドレスには「どのネットワークですよ~」を表している部分(ネットワーク部)と「どのコンピュータですよ~」を表している部分(ホスト部)があります。

どこが「どのネットワークですよ~」を表している部分で、どこが「どのコンピュータですよ~」を表している部分かは、サブネットマスクで指定します。

サブネットマスクを2進数で表記した際の「1」の部分と対応するところが、IPアドレスの「どのネットワークですよ~」を示す部分です。

サブネットマスクを2進数で表記した際の「0」の部分と対応するところが「どのコンピュータですよ~」を示す部分になります。

あと、ついでなので書いておくと、サブネットマスクを変更することによって、ネットワークを細分化できます。
具体的な仕組みは、用語「サブネット化」の説明をご覧ください。

まぁ「サブネットマスク」って単語が出てきたら「IPアドレスのどの部分がネットワーク部で、どの部分がホスト部かを示す情報なんだな~」と思えばOKです。