通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典【簡易表示】

第三回:フリーズしたときの対処法3ステップ


いまだ方向性が定まらないよ、でも書かないことには始まらないね、超不定期連載「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるITコラムでございまぁす。このコーナーでは、各用語の説明ページでは取り上げにくいIT関連のネタをテーマに、だらだらと思いついたことを書いていきます。皆さんが「あぁ、なんか役に立ちそうな気もするけど、役に立たないかなぁ。でも、もしかしたら役に立つかも」と思える情報を発信できるように頑張ります!


はじめに


栄えある第三回目のテーマは……ピヨピヨピヨピヨ(ぴよぴよ的ドラムロール)……じゃん!

フリーズしたときの対処法3ステップ

です。

パソコンさんの性能が良くなって、大分少なくなったとはいえ、まだお目にかかる機会はありますよね、フリーズ。パソコンさんの動きが遅くなって、止まっちゃって、マウスをカチカチやってもウンともスンとも言わないあの現象です。

今回は、そんな困ったちゃんなフリーズに遭遇した際の対処方法を書いていきます。

まぁ、対処方法って程大げさなものではないのですけどね。
先にネタばらしをしてしまうと

1.パソコンさんをよく見て耳をすませる
2.コーヒーを入れてゆっくり味わう(紅茶でも可)
3.「安らかに眠れ」と声をかけてとどめを刺す


の3つです。

1.観察して
2.応援して
3.諦める


と言ってもよいかもしれません。

それではもう少し詳しく見ていきましょう。


そもそも「フリーズしてる」ってどんな状態?


おっと、忘れていました。
フリーズの対処方法を書くのですから、まずは「フリーズとは何ぞや?」から始めないといけませんね。フリーズについて知らない人がフリーズの対処方法を読んでも面白くもなんともありません。きめ細やかなサービスを実現するためにも、まずは「フリーズとは何ぞや?」な話題から始めるのが正解でしょう。
既に「フリーズってアレね」とご存知の方は、適当に読み飛ばすか、優しくお付き合いください。

それでは改めて「パソコンさんがフリーズしてる」とはどんな状態でしょう?

答えは、パソコンさんがテンパってる、もしくは、力尽きている状態です。

テンパってるのです。パニックになっているのです。大慌てです。だからあなたからの指示に反応を返す余裕が無いのです。
あるいは力尽きています。「返事が無い、ただの箱のようだ」状態になってしまっているのです。だからあなたからの指示に反応を返せないのです。

これがフリーズです。

テンパってる、もしくは、力尽きている状態を指します。

これで「フリーズとは何ぞや?」が分かりました。それではいよいよ本番です。フリーズしたときの対処方法を書いていきますよ。


ステップ1:パソコンさんをよく見て耳をすませる


まず最初に行うのは診断です。
先程、フリーズとは「テンパってる、もしくは、力尽きている状態」だと書きました。この「テンパってる」のか「力尽きている」のかによってやるべきことが変わります。
人間様の場合も同じですよね?テンパってるときは落ち着かせてあげる、もしくは、落ち着くのを待ってあげる必要があります。
一方、力尽きている場合は待っていても事態は進展しません。可及的速やかに何らかの対処をしてあげる必要がありますよね。

ですから、まずは「テンパってる」のか「力尽きている」のかを見極めます。

見極め方は簡単です。パソコンさんが動いているかどうかを見ます。
中で何かがガリガリ動いている音がしていたら動いています。ランプ(円柱形のマークが付いているところ)がピカピカ点滅していたら動いています。その他にも突然歩きだしたり踊りだしたりしたら動いているのでしょう、私は遭遇したことはないですけどね。冗談はともかく、じーっと見て、耳をすませて、なんか動いてるっぽかったら、それは「テンパってる」状態です。
一方、うんともすんとも言っていない、「あら、随分大人しいのね」状態であれば、それは「力尽きている」のでしょう。

これが対処する際の第一歩です。
まずは「テンパってる」のか「力尽きている」のかを見極めてください。

それでは次のステップです。あなたのパソコンさんが「テンパってる」のであれば「ステップ2」、「力尽きている」のであれば「ステップ3」に進んでください。まぁ気にしないで順番に読んでいってもらっても何の支障もありませんけどね。


ステップ2:コーヒーを入れてゆっくり味わう(紅茶でも可)


「パソコンさんがテンパってる人はこちら」な立て看板でも置いておきたいところですが、画像を作るのが面倒くさかったので文字だけで勘弁してください。
「ステップ1」で「あぁ、このパソコンはテンパってるんだな」と分かった場合の対処方法がこちらです。

さて、パソコンさんがテンパっているときにするべきこと、それは何もしないことです。

パソコンさんは頑張っています。あなたに返事をする暇もないくらい一生懸命お仕事をしているのです。パニックになりながらも何かかにかしているのです。
そんなときに、さらに新しい指示が来たらどうなりますか?そうですね。余計混乱してしまいます。
ですからあなたは何もしてはいけないのです。大人しくコーヒーでも入れてきて飲んでいてください。コーヒーが苦手な人は紅茶でも構いません。とにかくパソコンさんにはちょっかいを出さないことが大事です。

パソコンさんがフリーズすると「あれ~、動かないな~。早く動けよ~」とマウスをカチカチしたりする人がいますが、それは逆効果です。
マウスをカチカチすると、パソコンさんには新しい指示が届きます。パソコンさんのやるべきことが増えちゃうのです。もちろん今やっている最中のお仕事もありますから、新しく出されたマウスカチカチ分のお仕事は順番待ちになります。今あるお仕事だけでもテンパっているパソコンさんにさらに新しい仕事を命じる。あなたは鬼ですか?

人間様がテンパっているときと基本的な対処は同じです。忙しさでテンパっているのですから、落ち着くまで待ってあげてください。
今やっているお仕事を無理やり中断させて強制的に落ち着かせる方法もありますけどね。それにしたって新しいお仕事ですから、お仕事を中断する命令を理解する前に余計にテンパっちゃう可能性もあります。
頑張ってお仕事をしてくれているのであれば、暖かく見守っていてあげるのが無難だと思います。

そうやってコーヒーを片手に見守っているとですね。状況に変化が訪れるはずです。
やりかけのお仕事を全部片付けて「さぁ、次のお仕事よ、かかってこい!」状態になります。もしくは途中で仕事の完成を諦めて力尽きた状態になってしまいます。

やりかけのお仕事が全部片付いた場合はおめでとうございます。きっともう、そのパソコンさんはフリーズしていないでしょう。再びこき使ってあげてください。
力尽きた状態になってしまった場合は残念でしたね。「ステップ3」に進んでください。


ステップ3:「安らかに眠れ」と声をかけてとどめを刺す


「パソコンさんが力尽きた人はこちら」な立て看板でも置いておきたいところですが、やっぱり画像を作るのが面倒くさかったので文字だけです。
「ステップ1」で「あぁ、このパソコンは力尽きたんだな」と分かった場合、もしくは「ステップ2」でのんびり待ってたけど結局お仕事を完成せずに力尽きた場合の対処方法がこちらです。

さて、パソコンさんが力尽きたときにするべきこと、それは介錯してあげることです。

パソコンさんは頑張りました。あなたの無茶な命令にも負けず、やるべきことをやろうと頑張ったのです。しかし残念ながら志半ばにして倒れてしまいました。もう良いではないですか。彼(彼女)は出来る限りの努力はしたのです。もう安らかに眠らせてあげましょう。

というわけで「強制終了」します。「強制終了」は文字通り、強制的に終わらせることです。

実はパソコンさんのフリーズにも段階がありましてね。

(1)特定のソフトが力尽きている
(2)なんかいろいろ力尽きているけどマウスは動く
(3)パソコンさん自体が力尽きていてうんともすんとも言わない

のような段階があります。

人間様に例えると、口いっぱいに食べ物を詰め込んでいてお返事ができないか、ご飯を食べながら電話会議中でお返事ができないか、目も回るような忙しさでお返事ができないか、のような違いです。
口いっぱいに食べ物を詰め込んでいてお返事ができない場合、口がふさがっているだけです。例えば本を読む、阿波踊りを踊る、等、口を使わない作業はいくらでもできます。
ご飯を食べながら電話会議中でお返事ができない場合は身体がふさがっています。自由な動きは制限されています。ただし完全にテンパっているわけではありません。例えば簡単なメモを渡して指示を仰ぐくらいの余裕はあるでしょう。
目も回るような忙しさでお返事ができない場合は諦めるしかありません。他のことをする余裕はないでしょう。

パソコンさんの場合も同じです。
全体が力尽きている場合もあれば、一部が力尽きている場合もあるのです。

一部が力尽きている場合、マウスが動くのであればまだやれることはあります。

Windowsさんであれば、タスクマネージャを起動してみてください。
キーボードの「Ctrl」キーと「Alt」キーを押しながら「Delete」キーを押すと変なメニュー画面がでてきて「タスクマネージャの起動(T)」のような項目があるはずです。それを押すとタスクマネージャが起動します。次にタスクマネージャの「アプリケーション」と書いてあるタブを選びます。その画面に一覧形式で表示されているのが今動いているソフトたちです。その中から「状態」が「応答なし」となっているソフトを探します。「状態」が「応答なし」のソフトがあれば、それを選択して右下の方にある「タスクの終了(E)」ボタンを押します。これで「状態」が「応答なし」のソフト、つまり力尽きているソフトが強制終了されます。

これが上手く行かない場合、なんかよく分からないけどなんかおかしい場合はコンピュータ自体を再起動します。
タスクマネージャを起動したときと同じようにキーボードの「Ctrl」キーと「Alt」キーを押しながら「Delete」キーを押すと変なメニュー画面がでてきて、その中のどこかにシャットダウン用のボタンがあるはずです。それをポチっと押してください。

「再起動もできない!そもそもその画面まで行けない!」な場合は仕方がありません。
パソコンさんの電源ボタンを長押しして、物理的に電源を切ります。
もちろんパソコンさんが壊れる可能性も無くは無いのですが、他に手段が無いので仕方がありません。どんなプロフェッショナルにお願いしたとしても、いろいろ試してどうにもならなかったら電源をブチっと落とします。

えっ?まだダメ?電源が落ちないのですか?!

それでは仕方がありません。今度の今度こそ本当の最終手段です。
デスクトップパソコンであれば、電源ケーブルをコンセントから引っこ抜きます。ノートパソコンであれば、バッテリーを外します。これでどんなパソコンさんでも安らかに眠ります。

えっ?まだダメ?それでも電源が落ちないのですか?!

それはですね。恐らく呪われているのだと思います。コンピュータの専門家では管轄違いです。心霊関係の専門家にご相談してください。


まとめ


今回は「フリーズしたときの対処法3ステップ」をテーマに、思いついたことを書いてみました。
フリーズしたときに行うべきことは

1.パソコンさんをよく見て耳をすませる
2.コーヒーを入れてゆっくり味わう(紅茶でも可)
3.「安らかに眠れ」と声をかけてとどめを刺す


の3つです。
フリーズしたときには思い出してください。

まぁ実際のところは「待つ」か「終了させる」かの二択なんですけどね。2つより3つの方が収まりが良いので、無理やりひねり出してみました。

余計なお世話ですが、マウスカチカチだけは本当に逆効果なので、止めてくださいね。


蛇足


以上がフリーズ時の一般的な対処法です。一時的なフリーズであれば今回書いた内容で対処できると思います。
ただし世の中には厄介なことも多くてですね。パソコンさんの機械的な故障の影響、パソコンさんの中身的な故障の影響、コンピュータウイルスの影響、ソフトウェアの相性の影響、などでもフリーズが起こる場合があります。もしフリーズが頻発するようであれば、何らかの故障的なものも疑ってくださいね。



思いつきで始めて惰性で続ける予定の「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるITコラムですが、いかがでしたでしょうか。あんまり期間が空くと書く気力が無くなるので大慌てで書きました。思ったよりも読んでくれている方が多いので、これからもちまちまと書いていこうと思います。コンゴトモヨロシク。