通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典【簡易表示】

第十回:SEOって必要なの?


思いついたら即実行!書きたいことがあればすぐに更新されるが、書きたいことがなければいつまで経っても更新されない。超不定期連載「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるITコラムでございまぁす。このコーナーでは、各用語の説明ページでは取り上げにくいIT関連のネタをテーマに、だらだらと思いついたことを書いていきます。皆さんが「あぁ、なんか役に立ちそうな気もするけど、役に立たないかなぁ。でも、もしかしたら役に立つかも」と思える情報を発信できるように頑張ります!


はじめに


栄えある第十回目のテーマは……ピヨピヨピヨピヨ(ぴよぴよ的ドラムロール)……じゃん!

SEOって必要なの?

です。
ホームページブログWebサービスなどを運営している人であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アクセス数アップの必須事項としてよく取り上げられるウルトラスーパーテクニック、その名も「SEO」です。

「SEOは、やらなきゃダメ!絶対!」みたいな意見をたまに見かけますが、本当に必要なの?というのが今回のテーマです。

ちなみに結論を先に書いておくと、あくまで私個人の意見ではありますが、

・やりたいなら止めないけど、別に必須ではない
・ただし「内容を充実させる」「HTMLの文法的に正しいページを作る」はとても大事


が今回のコラムの結論です。
お忙しい人向けに先に結論を書いてしまいましたが、できれば知らない振りをして読み進めてください。

それでは、つれづれなるままに書いていきます。
まずは「SEO」が何か分からない人のために、軽く「SEOとは何ぞや?」を説明しておきますね。


SEOとは何ぞや?


SEOとは……ズバリ!「検索エンジンさんにゴマをする行為」です。
検索エンジン」は「検索キーワードを入力すると条件に合うホームページを探してくれるホームページ」ね。GoogleさんとかYahoo!さんとかのことです。
※本コラムではブログとかWebサービスも含めて、まとめて「ホームページ」と表現します。こだわり派な人は適当に読み替えてください。

この検索エンジンさん、キーワードを入力して検索すると、条件に合いそうなホームページを一覧形式で表示してくれます。

一覧表示されるホームページは、条件に合いそう(探している情報が見つかりそう)なホームページから順番に並んでいます。検索した人は一覧の最初から順番に見ていくので、最初の方に表示されればされるほど、見てもらえる可能性が上がります。

つまり、ホームページを作っている人たちは、できるだけ一覧の最初の方に表示してもらいたいです。その方が見てもらえる可能性が高くなりますからね。

そこで自分のホームページをたくさんの人に見てもらいたい人は、検索エンジンさんに対して「検索エンジンさ~ん。うちのホームページはとっても良いホームページですよ~。だから最初の方に表示してよ~」とアピールします。具体的には、検索エンジンさんが「こんなホームページは良いホームページだね!」と判断する基準を推測して、その基準に沿ったホームページを作るのです。

これらの検索エンジンさんにゴマをする行為がSEOです。一覧の最初の方に表示してもらうために、検索エンジンさん好みのホームページにすることを指します。

これで「SEO」が何か、何となくイメージできたでしょうか。
それでは次に、SEOを行うメリット・デメリットを見てみましょう。


SEOを行うメリット


SEOを行うメリット、それは

上手くいけば、一覧の最初の方に自分のホームページが表示される

ということです。

誰かが検索エンジンさんを使ってホームページを探したとき、一覧の最初の方にあなたのホームページが出てくるのです。最初の方に出てくるということは、見てもらえる可能性が高くなります。つまり、あなたのホームページの訪問者が増える可能性が高くなります。

あなたのホームページの訪問者が増えるということは、あなたの世の中に対する影響力が強まるということです。アフィリエイトをやっているのであれば買ってもらえる可能性が上がりますし、自分の思想なり何なりを発信しているのであれば、賛同者が増える可能性が高まります。

必ずそうなるとは言えませんけどね。
一般的には

一覧の最初の方に表示される
  ↓
見に来てくれる人が増える
  ↓
あなたの世の中に対する影響力が強まる


の図式が成り立ちます。

これが、SEOを行うことによってあなたが得られるメリットです。
あなたのホームページが一覧の最初の方に表示される、つまりあなたのホームページを見てもらえる可能性が上がります。

それでは、逆にデメリットはあるのでしょうか?


SEOを行うデメリット


SEOを行うデメリット、それは

失敗すると、時間が無駄になる&逆に一覧に表示される場所が今までよりも後ろになる可能性がある

ということです。

SEOをしても、一覧の最初の方に表示されるようにならないのであれば、そのために費やした時間は無駄になります。仮に業者さんにお金を払って作業をしてもらっていたのであれば、そのお金もムダ金です。

また、期待に反して、SEOをやったことによって、表示される順番が後ろの方になってしまう場合もあります。

あくまで「良いホームページかどうか」を決めるのは検索エンジンさんです。あなたではありません。あなたが良かれと思ってやったことが必ずしも良い結果に繋がるとは限らないのです。

検索エンジンさんが心変わりして「良いホームページかどうか」を判断する基準を変えちゃう可能性もあります。同じことをやっても、昔は「良いホームページだね~」と判断されていたのが、今では逆に「悪いホームページだね~」と判断されることもあります。

これがSEOを行うデメリットです。
SEOに費やした時間やお金が無駄になっちゃうことがあるのと、やったことが逆効果になる場合があることです。

さて、これでSEOを行うメリットとデメリットは何となく分かりました。
それでは結局、SEOってやった方が良いのでしょうか?それともやらなくても構わないのでしょうか?


SEOってやった方が良いの?


あくまで個人的な意見ですが……と逃げ道を作りつつ言っちゃいますが、

長期的な視点で見れば、SEOなんて別に意識しなくて良い

と私は考えます。
ただし

1.ホームページの内容を充実させる
2.HTMLの文法的に正しいページを作る


の2つはとても大事です。この2つは必ず意識してあげてください。

実はこの2つもSEOに含まれると言えば含まれるのですよね。
ですから、そういう意味で言えば「SEOは必須」と言えるでしょう。あくまでSEOの話でよく語られる「被リンクの増加」だとか「キーワードの選定」だとかに対して「別に気にしなくて良いんじゃない?」です。

考えてもみてください。
検索エンジンさんの目的は

良いホームページをきちんと評価する

ことにあります。
そのための指針として、被リンク数だとかキーワードの出現率だとかを判断材料にしているのです。

裏を返せば、良いホームページを作っていれば、被リンク数だとかキーワードの出現率だとかは必然的に望ましい形になっていくはずです。
ホームページの内容を充実させて良いページが多くなれば、勝手に紹介されるでしょう。分野を絞って密度の濃い文章を書けば、必然的に登場する用語にも偏りがでてきます。
ならないのであれば単純に「良いホームページではない」からです。

また、検索エンジンさんは良いホームページと判断する基準を結構頻繁に変えています。
今日の検索エンジンさんに「あなたのホームページは良いホームページですね」と言われても、明日の検索エンジンさんには「お前のホームページはクソだな!」と言われる可能性があるのです。

ですが、どんなに気まぐれでも、検索エンジンさんの目的は一貫しています。
先程も書きましたが、検索エンジンさんのやりたいことは

良いホームページをきちんと評価する

ことです。
どんなに判断基準が変わったとしても、この目的は恐らく変わらないでしょう。

ということはですよ。

あなたのホームページが内容を充実させた良いホームページであれば、いくら検索エンジンさんの判断基準が変わっても怖いことはありません。
だって、あなたのホームページは良いホームページなのですから。むしろ、検索エンジンさんがより高い精度で良いホームページを判断できるようになれば、あなたにとって喜ばしいことです。あなたの良いホームページが、より正当に評価されるようになるわけですから。

そう考えると、小手先のテクニックを駆使したSEOに時間を割くよりは、ホームページの内容を充実させることに時間を割いた方が有効だと思いませんか?
テクニックとしてのSEOは明日にも通用しなくなる可能性がありますが、内容を充実させることは未来永劫、プラスにはなってもマイナスにはなりません。

そんな考えなので、私は「SEOなんて別に気にしなくて良いんじゃねーのぉ?」と思っています。


でもSEO業者さんってたくさんいるよね?


かなり偏った意見を書いちゃったので、フォローもしておきますね。
私の知り合いにもSEO業者さんはいらっしゃるので「SEOなんていらねーだろ」でまとめちゃうと、私のお仕事がやり難くなる可能性があるのです。私だって自分の身は可愛いです。

さて、SEO不要論に近いことを書きましたし本音で言えば不要だと思ってもいるのですが、だからと言ってSEO業者さんのすべてに対して「おまえらなんか世の中にいらねーだろ!この詐欺野郎!」と思っているわけではありません。
中には詐欺っぽい業者さんもありますけどね。真面目に取り組んでいる業者さんもたくさんいることは理解しています。

そして、小手先のテクニックに近いものも含め、SEOが一定の効果を持つことも理解しています。
ですから、必要性を感じる人は、SEOを意識して、被リンクを得るために頑張ったり、キーワードの出現率を見て表現の仕方を変えたりしても良いでしょう。

では、どんな人がSEOを意識するべきか。
あるいはSEO業者さんに対して、お仕事をお願いすることを検討しても良いか。

それは

結果を急ぐ人

です。

例えば、憧れのあの人とデートをしたいとしましょう。

デートにこぎつけるための手段として、一番効果が高いのは、あなたが相手に好かれるくらい魅力的な人物になることです。そうすればデートの約束を取り付けるのは難しくないでしょう。
また、今回デートするために頑張った成果はそのままあなたの中に残ります。もし他の人とデートがしたくなったとしても、魅力的なあなたであれば、デートのお約束をするのは難しくないはずです。

でも、そこに至るまでが大変ですよね?
身体を鍛えたり、お勉強したり、お金を稼いだり、考え方を変えたり、あれやこれやの努力が必要になるはずです。時間はかかるでしょうし、必ず結果が出るとも限りません。

今です!今デートしたいのです!

そんなときは、相手の好みを調べたり、相手の友達と仲良くなって協力してもらったり、今現在デートしたい相手に「あっ、この人ってステキそうだな」と思ってもらえるような努力をするはずです。
これは、今!この瞬間の!あこがれのあの人に!好かれるための努力です。
相手を限定した努力なので、違う相手には全く効果を発揮しません。もし他の人とデートがしたくなったら、一から努力のやり直しです。

それでも構いません。今、あこがれのあの人とデートできることが大事なのです。

この刹那的な努力が、テクニックとしてのSEOであり、そのプロフェッショナルがSEO業者さんです。
SEO業者さんは、今現在の検索エンジンさんの好みを熟知しています。どうすれば「今現在の」検索エンジンさんに好かれやすいかをアドバイスするのは得意なはずです。

自分が魅力的になる(ホームページの内容を充実させる)のが理想的ではありますが、それにはどうしても時間がかかります。待っていられない人は、今の検索エンジンさんに気に入られるように努力する(テクニックとしてのSEOを実施する、SEO業者さんに依頼する)選択肢もあるでしょう。

テクニックとしてのSEOに対して、どちらかといえば否定的な立場ではありますが

短期的な視点で見れば、SEOを意識するのはアリ

だと思います。
「先のことは後で考える!取りあえずは今!今が大事なの!」という方は、SEOにガッツリ取り組んでも良いのではないでしょうか。

ただし、その努力がずっと報われる可能性はかなり低いでしょう。検索エンジンさんの判断基準が変わればそれまでの努力が無に帰す可能性はありますし、そうなったらまた一から努力する必要が出てきます。
実際に、以前はジャンルを問わず相互リンクすることが有効だったのですが、最近ではむしろマイナス評価になってしまうみたいですしね。相互リンクを増やすために頑張りまくった人は、涙目になっているでしょう。

SEOのテクニックとして紹介されているものは、基本的に「今現在」有効な努力だというのを意識してください。
先に紹介した

1.ホームページの内容を充実させる
2.HTMLの文法的に正しいページを作る


の2つはこれから先もずっと有効だと思いますが、それ以外の努力は無に帰す可能性が少なからずあります。


まとめ


今回は「SEOって必要なの?」をテーマに、私が昔からSEOに対して思っていたことを書いてみました。
SEOとして間違いなく将来にわたって有効な対策は

1.ホームページの内容を充実させる
2.HTMLの文法的に正しいページを作る


の2つです。
それ以外の対策は、検索エンジンさんの気まぐれによって、無駄になったり逆効果になる可能性があります。

よって、私はSEOに対して

・長期的な視点で見れば、SEOなんて別に意識しなくて良い
・短期的な視点で見れば、SEOを意識するのはアリ


という考えを持っています。
人に「SEOって必要なの?」と聞かれたときは

・やりたいなら止めないけど、別に必須ではない
・ただし「内容を充実させる」「HTMLの文法的に正しいページを作る」はとても大事


と答えるでしょう。

手段と目的が逆転しないようにご注意くださいね。検索エンジンさんの目的はあくまで「良いホームページをきちんと評価する」ことで、検索エンジンさんに気に入られる一番の方法は「良いホームページを作る」ことですよ。

このページをご覧になっている方はホームページやブログ、Webサービスを運営している方が多いと思います。アクセス数を増やしたいですよね。気持ちは分かります。私も増やしたいと思っています。お互い、検索エンジンさんに怒られない範囲で頑張りましょう。応援しています。



思いつきで始めて惰性で続けている「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるITコラムですが、いかがでしたでしょうか。今回は、前回のコラムから比較的期間を空けないで書けたので、ちょっと自画自賛中です。誰も褒めてくれないので自分で自分を褒めつつ、今後もちまちまと更新していこうと思います。コンゴトモヨロシク。